腸閉塞|病名と症状から調べる犬の病気

腸閉塞

腸閉塞とは文字通り、腸が何らかの原因によって閉塞した状態になることを言います。人間だけではなく、犬も腸閉塞になります。腸の詰まり具合によっては命を落としてしまう恐れがあるため、充分に注意しましょう。

腸閉塞の主な症状

腸閉塞の場合、腸の閉塞箇所や腸管の内容物の通過がどの程度滞っているかによって、異なった症状が現れます。

  • 腹痛・便秘
  • 下痢・嘔吐・脱水状態
  • 食欲の低下
  • 元気がない・疲れやすい
  • 体重減少

腸のほとんどが詰まった状態になると、上記の症状が強く出るようになり、さらには激しい腹痛からお腹を丸める、呼吸が浅く荒くなるなどの症状も見られます。病状が進行し、詰まってしまった腸に血液が行き渡らなくなった場合、ショック状態に陥る可能性もあります。

腸閉塞の原因

犬の腸閉塞では、異物誤飲が大きな原因の一つと言えるでしょう。小さなボールや色々なおもちゃ、木片や石、ビニールなどの誤飲には細心の注意を払わなければいけません。異物誤飲の他にも、腸に出来た腫瘍や腸内部の寄生虫の大量発生が腸閉塞の原因となるケースも少なくありません。また、他の感染症や腸の病気などで腸管の通過障害が起き、腸閉塞を招くことも考えられます。

腸閉塞の治療と予防

犬が腸閉塞を起こした場合には、早急に病院へ連れていきましょう。腸閉塞の治療は、腸に詰まった異物を取り除くための手術が行われます。この他、脱水症状が起きている場合には、点滴治療も受けることになります。

腸閉塞の予防法としては、異物誤飲に気をつけましょう。特に子犬のうちは何に対しても好奇心旺盛なので、周りのものを何でも口にしてしまうことが多いです。そのため、犬の行動範囲内に誤飲してしまうようなものを置かないようにしましょう。さらに、腸閉塞の原因となり得る感染症などを防ぐため、ワクチンの接種や内部寄生虫の除去などをしておくこともお勧めします。