緑内障|病名と症状から調べる犬の病気

緑内障の犬

緑内障 は失明の恐れのある目の疾患です。犬の命に関わる事はほぼありませんが、視覚障害を起こすので注意が必要です。

緑内障 の主な症状

緑内障は、急性緑内障と慢性緑内障とがあります。緑内障は眼圧が上がり、様々な症状が出ます。急性の段階で早めに治療を始めなければいけません。

急性緑内障

急性緑内障の主な症状は以下の通りです。

  • 強い充血
  • 角膜が青みがかった灰色に見える
  • 痛みからのまぶたの痙攣
  • 涙が出る
  • 頭を触られるのを嫌がる
  • 食欲低下

慢性緑内障

慢性の緑内障の場合、分った時点で目にはかなりのダメージを受けています。すでに見え方はかなり弱くなっていると考えられます。

  • 眼球が大きくなる
  • 角膜にヒビが入ったように見える

緑内障の原因

原因は、目の眼圧が上がる事から起こります。なぜ眼圧が上がるかと言うと、房水という、角膜と水晶体の間を流れる液体が、先天的や後天的なものが要因となり、流れを妨げられることから眼圧が上がります。眼圧が上がる事により、視神経や網膜が圧迫され、視神経に障害が起こります。

緑内障の治療法

残念ながら、緑内障の予防法はありません。異変に気づいたら、すぐに診察を受けましょう。

治療法としては、眼圧を下げる内服薬や点眼薬を使います。眼圧をコントロールできない場合、レーザー治療を行う事もあります。すでに失明して入る場合、かなりの痛みを伴っている場合には、眼球を摘出する手術を行う事もあります。