母犬の帝王切開の流れ

母犬の帝王切開

犬の出産にあたり、母犬自らが出産できずに帝王切開になる場合があります。

自分で出産できないということは緊急を要しますので、あらかじめ連絡先を聞いていた獣医さんに連絡しましょう。

また、難産が予想され、帝王切開の覚悟をしておいた方がいい犬種もいます。

母犬の帝王切開になる場合

犬は安産だと昔の人はいいましたが、決して安産ではありません。

陣痛促進剤を投与しても自力で出産できない場合、骨盤が狭すぎて胎児が通れない場合、広頭犬種のパグやフレンチブルドッグ、ボストンテリアなどは自然分娩が難しく、最初から帝王切開が予想されます。

母犬の手術の流れ

母犬の手術の流れ

帝王切開が決まると、母犬に全身麻酔が施されます。

お腹の毛をバリカンで短くし、切開して子宮を身体の外に出し、更に子宮を丁寧に切開し、胎児を注意深く取り出します。

それまで胎盤から酸素が送られていた胎児は、臍の尾を切られることで自発呼吸をしなければいけません。

タオルで体をこすったり、タオルに包んで振るなどして自発呼吸を促します。

「ミュー」や「チュー」という声が出ればもう安心です。
自発呼吸を始めた証拠です。

母犬の手術終盤

子宮は胎児がいなくなると急速に収縮していきます。

副膜炎を起こさぬよう、子宮内や腹膜に内容物が残らないよう、細心の注意を払って縫合していきます。

母犬の術後

麻酔から覚めた母犬は子犬の面倒を見始めます。

初産の場合は戸惑ってしまい、どうしていいのか分からない母犬もいます。
そんなときは子犬に母乳を吸わせましょう。

お乳を吸われることが母性本能を働かせ、教えてもいないのに自分から子犬を舐めたり、排泄を促します。

帝王切開の傷もまだ生々しいのにかいがいしく子犬の世話をします。

母犬の費用

気になるのが帝王切開の費用ですが、病院によって金額もまちまちです。
恥ずかしいことではありませんので、いくらかかるのか病院に聞いてみましょう。

退院時にきちんと精算できるようにしておかなければいけません。