【犬を飼いたい】自治体が開催する譲渡会ですてきな「家族」を見つけよう!

【犬を飼いたい】自治体が開催する譲渡会ですてきな「家族」を見つけよう!

捨て犬などを保護しているボランティア団体や自治体の保健所などでは、犬たちの新しい飼い主を探すために定期的に譲渡会を実施しています。

犬の譲渡会

犬の譲渡会

【1】譲渡会で譲渡犬を迎え入れるためには

犬や猫をペットショップで購入するのではなく、動物愛護センターから引き取りたいという人が増えてきています。ペットショップと違って血統書付きのペットが揃っているわけではありませんし成長してしまったペットも大勢いますが、それでも飼い主として名乗りを上げてくれる人が増えていて、幸せなペットが増えるのは喜ばしいことです。

譲渡犬を迎え入れる為には譲渡会へ参加します。

譲渡会では、参加するための条件があります。
条件が満たされている場合は、譲渡事前講習会を受講します。
譲渡事前講習会を受講することで、譲渡会への参加資格が得られます。

【2】譲渡会の種類

犬の譲渡会も主催者によって、いくつかの種類に分けられます。

各自治体で

定期的に行っているところもあれば、不定期のところもあります。また定期的に譲渡会を開いている場合でも、月に1回のところもありますし、毎週月曜になどというように決まった曜日に毎週開いているところもあります。

自治体の他、NPO法人やボランティア団体でも譲渡会を行っています。

各自治体で譲渡会への参加資格であったり、実施内容が異なりますので、詳しくはそれぞれの団体にお問い合わせ下さい。

【3】譲渡先の資格(引受人の条件)

最後まで飼えることや、留守がちにならない事が条件になります。
以下の条件を満たしていない方には、譲渡することができません。

  1. 県内在住の18歳以上の方
  2. 家族全員の賛成が得られている
  3. 終生飼うことができる環境である
  4. 集合住宅や借家の場合、動物の飼育が禁止されていない
    ※借家、集合住宅などにお住まいの場合は、管理者の同意書が必要となります。
  5. 犬の場合、飼い方教室(パピーコース・実技)に1回参加できる
  6. 誓約書を提出(譲渡会終了時)し、そのとおり履行する

自治体やNPO法人が主催する譲渡会には、引受人となる為の条件(参加資格)があります。
未成年や高齢者のみの場合も認められない場合があります。

自治体やNPO法人により多少の違いがありますので、詳しくは地方自体やNPO法人にご確認願います。

【4】譲渡事前講習会

犬の譲渡事前講習会

  • 講習会に参加を希望される方は、事前に予約が必要です。
  • お問い合わせ、お申し込みは、各施設までお電話ください。
  • 申し込み人数が定員になりましたら、締め切らせていただきます。
  • 受講内容は両所共通ですので、ご希望の施設で受講可能です。
  • 参加費は無料です。

譲渡会へ参加するためには、譲渡事前講習会への参加が必要となります。
譲渡事前講習会は、動物愛護センターや保健所で実施しています。
参加費は無料ですが、2時間ほどの講習となります。

譲渡事前講習会では次の内容の講習を実施します。

  • ペットを飼う場合の心構え
  • ペットに関する条例
  • ペットの習性
  • 人にもうつる可能性のある感染症について

など基本的な内容になります。

講習会参加時には次の書類の持参が必要となります。

  • 本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)
  • 集合住宅や賃貸住宅に住んでいる場合は管理規約や契約書(コピー可)

【5】譲渡会

譲渡を受けるための条件をすべて備え、センター主催の譲渡事前講習会を受講した方を対象に、本所・多摩支所で譲渡会を開催しています。いずれの所の譲渡会にも参加できます。

参加するためには事前申込みが必要ですので、詳細は両所にお問い合わせください。参加費用は無料です。

譲渡対象の犬は成犬がほとんどですが、子犬と違い大きさや性格等がある程度わかり飼いやすいという利点があります。

譲渡会への参加は無料ですが、平日に実施しているところが多くあります。

譲渡会での持参書類には次のものがあります。

  • 本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)
  • 譲渡事前講習会のテキスト(受講者番号が記載されているもの)
  • 筆記用具
  • 首輪、リード、ケージ、キャリーバッグなど
  • 集合住宅や賃貸住宅に住んでいる場合は管理規約や契約書

譲渡時講習会として次の内容の実施もあります。

  • 毎日の世話
  • 健康管理
  • 病気予防
  • しつけの方法など

より具体的な内容の講習が実施されます。

本当に最後まで飼えますか?

本当に最後まで飼えますか?

ペットを飼う前に考えたい10のこと

  1. ペットを飼える住居ですか?転居や転勤の予定はありませんか?
  2. 飼いたいペットは,あなたのライフスタイルに合っていますか?
  3. あなたの家族は,全員動物を飼うことに賛成していますか?
  4. 家族に動物に対するアレルギーをもっている人はいませんか?
  5. 毎日欠かさず,世話に時間と手間をかけられますか?
  6. あなたの体力で世話ができるペットですか?
  7. 近隣に迷惑をかけないように配慮できますか?
  8. ペットの一生に係る費用を考えてみましたか?
  9. 生涯にわたる計画を立ててみましたか?
  10. 万一,飼えなくなったときのことを考えていますか?

ペットを飼い始めるのは簡単な事ではありますが、いざ、飼い始めると、言う事を効かなかったり、えさやりが面倒になったり、留守がちになったりと、だんだん飼う事が億劫になることがよくあります。

一度は「家族」に捨てられ、殺処分にされそうになった犬たち。もう一度同じ傷を負わせてはいけません。
本当に最後まで面倒を見てあげられるかよく考えて譲渡を考えたいものです。

犬の譲渡会まとめ

犬の譲渡会

犬の譲渡会で譲渡される譲渡犬は飼い主に捨てられたりして、辛い経験をしてきた犬たちになります。
飼い主には、最後まで面倒を見てあげる事が必須となります。
そのため、譲渡会での参加条件には厳しいものもあります。

安易な気持ちで飼い始めてしまうと、また辛い思いをさせてしまうかもしれません。
「家族」を迎え入れる気持ちで接してあげたいものです。