愛犬はハーネス使い

愛犬はハーネス使い

ハーネスとリードを見せるとお出かけを察知して大喜びでその辺を走り回り、ハーネスがつけられない。

つけないと出かけられないんだけど・・・

散歩とハーネスと愛犬

しばらく走り回るとまだ散歩にでていない事に突然気づきます。

その瞬間にハーネスをつけなきゃ出かけられないと理解している子は、自分からハーネスに足を通しにきます。

犬のハーネスとは

ハーネスは犬と散歩をするだけではなく、しつけにも使える便利なグッズです。ハーネスは、犬と飼い主をつなぐ道具ですが、ハーネスの場合は首に巻くのではなく胴体につけます。胴体につけることでどんなメリットがあるのでしょう。それは首輪の場合はリードを引っ張る事で愛犬の呼吸が苦しくなります。そのため、力がはいりすぎた場合に愛犬が呼吸が苦しくなるのです。それが影響して首輪を引っ張られたときの苦しさをおぼえていて、首輪をつけること自体を嫌がる場合があるのです。ハーネスの場合は胴体についているため、引っ張っても犬の呼吸が苦しくなることがありません。

愛犬にとって散歩が有意義なものになります。しかし、ハーネスにもデメリットもあります。

ハーネスのデメリット

ハーネスのデメリットは愛犬に直接負担がかかりませんが、リードと違い引っ張った時に苦しくならないため、「ダメっ」という躾の意味で引っ張られてもその意味を理解できていません。

意味を理解できていないという事は、躾になっていませんね。そのため、しつけをする場合は首輪がおすすめします。

用途に分けて使い分けるのがいいですね。

飼い主との絆でハーネス装着も簡単に

漫画のように喜びすぎる愛犬も多いんですが、意外とハーネスの装着になれていない飼い主さんをみかけます。確かに散歩が楽しくて走りまわるケースもあるのですが、これが日ごろからの行動であれば、しつけができてないという事です。きちんとお座りをさせて、それからハーネスを装着。これだけでOKなんです。

犬はとても頭のいい動物

犬はしつけをすることで、色々な事をおぼえることができます。人の要望に応えて行動できるのは犬の優れた能力かもしれません。古くは猟犬として品種改良をし、猟に適した能力を身につけてきました。しかし、頭がいいだけでは猟犬になれるわけではありません。猟ですから危険な場面に遭遇することもあります。犬が小さい頃から面倒をみて信頼できる関係を築いていく事も大切なんです。

犬は防犯に適した動物

一般的に飼う理由としては防犯用ですね。犬がいるだけで人の侵入を防ぐことができますね。防犯に適している犬種は「シェパード」「秋田犬」「ボクサー」「ドーベルマン」と大型犬が多いのですが、訓練によっては小型犬であっても、番犬になります。侵入者がいた場合に小型犬であっても吼える事で、侵入者がいること飼い主に伝えることができるんです。