関節リウマチ「犬の病気」

関節リウマチ

関節リウマチは人間だけに限らず犬も発症する、免疫機能の異常で起こる関節炎の一つです。この病気は免疫介在性疾患とも言われていることから、自己免疫が関係しているのではと考えられます。

関節リウマチの主な症状

犬の関節リウマチも人間同様、四肢の末端関節を中心に、症状が現れます。主な症状には、次のようなものがあります。

  • 関節のこわばり、痛み、腫れ
  • 関節の変形
  • 発熱
  • 食欲の低下
  • 足を引きずる
  • 歩行困難

関節リウマチを発症すると、朝起きたときなどに関節にこわばりや痛みが生じます。また、左右対称の腫れも見られます。病状が進行すると関節の変形だけでなく、骨の崩壊も進み、痛みも強くなります。やがては、歩行困難に陥ります。

関節リウマチの治療方法

関節リウマチの原因

関節リウマチの原因は、自己免疫機能の異常が原因ではないかと考えられていますが、はっきりとした原因は解明されていないのが現状です。若年齢から中年齢の犬に比較的多く発症します。

発症しやすい犬種

どの犬種にも発症する可能性がありますが、特にミニチュア・ダックスフントやシーズー、マルチーズ、シェットランド・シープドッグ、プードルなどの犬種がなりやすいです。このことから、小型犬によく見られることが分かります。

関節リウマチの治療方法

関節リウマチの治療法

関節リウマチの治療には、薬物療法が行われます。関節リウマチの症状のほか、肥満で足腰に負担がかかると思われる場合は、運動と食事管理によるダイエットをしながら、治療を行います。加えて、温浴治療や赤外線・超音波などによる治療が施される場合もあります。

進行性の病気ですから完治は難しいですが、早期発見と早期治療によって、病状の進行を抑えることはできます。