ジステンパー「犬の病気」

ジステンパー

ジステンパーは、ワクチン未接種の子犬やシニア犬などがかかると、場合によっては命に関わることもある病気です。この病気は、犬ジステンパーウイルス感染症とも呼ばれています。しっかりワクチン接種していれば、もし発症しても軽く済みます。

ジステンパーの主な症状

ワクチン接種をしている犬がジステンパーにかかっても、多くの場合は無症状か、軽い呼吸器症状が見られるだけです。その一方で、ワクチン未接種の子犬やシニア犬、他の病気のせいで抵抗力が弱まっている犬が発症してしまうと、次のような症状が出ます。

  • 咳が出る
  • 発熱する
  • 吐き気・下痢・嘔吐
  • 目やに・鼻水・くしゃみ
  • 食欲低下
  • 元気がない

場合によっては細菌の二次感染が起こり、重度の肺炎にかかったり、持続性の痙攣が起きて、やがては命に関わる事態に陥ることもあります。また、シニア犬では主に体の麻痺や運動機能障害がよく見受けられます。

ジステンパーの原因

ジステンパーの発症原因は、ジステンパーウイルスと言われています。このウイルスには、イタチ科やネコ科の動物も感染しますが、中でもイヌ科の動物の感染確率が高くなっています。

発症経路は、飛沫感染や接触感染になります。そのため、すでにジステンパーを発症している子に、ワクチン未接種の子犬やシニア犬などを近づけないよう注意しましょう。

ジステンパーの治療法

万が一ジステンパーを発症してしまった場合でも、症状が出てから1~2日以内に治療を始めると、回復する可能性が高まります。治療法としては、点滴や抗生剤による支持療法や対処療法が行われます。残念ながらジステンパーウイルスそのものに効く治療薬がないため、どんな薬を使うかよりもどれだけ早く治療を始めることができたかが、重要なポイントになります。

ジステンパーの予防法

ジステンパーを発症したら、よほど早い段階で治療を始めなければ、回復は難しいでしょう。ですから、きちんとワクチン接種をしておくことが何よりの予防法になります。主な症状の項目でも述べているように、ワクチン接種を受けても発症するケースもありますが、ごく軽い症状で済んでしまいます。

ジステンパーのワクチン接種については、【犬のワクチン】のページを参照してください。