お手・おかわり・ふせ・お座り・ダメなど最低限憶えておきたい犬のしつけ

お手・おかわり<犬のしつけ>

お手・おかわり<犬のしつけ>

お手とおかわりは、犬をしつける上で、お座りに並んで基本中の基本です。逆に言えば、他のことはできなくても、お手とおかわりだけはできると言う犬もいるでしょう。そのくらいしつけやすいものなのです。

お手・おかわりは教えやすい

お手とお代わりは、とても教えやすいしつけとも言えます。フードやおやつをあげる前に、「お手」「おかわり」と言いながら、前足を持ち上げてあげるだけです。その後、フードやおやつを与えるようにします。様々な場面でこれを続け、飼い主が前足を持ち上げず、自分であげるようになるまで頑張りましょう。犬にとっても比較的覚えやすいしつけとも言えます。なぜなら、自然に前足を出してしまう犬が多いからなのです。

教えるコツは、飼い主が一方の手だけを出さず、お手の時とおかわりの時、飼い主も愛犬に合わせて出す手を変えることです。

単純だけど大事な犬のしつけ

お手とおかわりは犬が覚えやすいしつけですが、単純ではありますが、犬を飼っていく中でとても大事なしつけの1つと言えます。犬と飼い主との上下関係をハッキリさせるにも役立ちます。だからといって、無理矢理前足をとって教え込むのはいけません。前足をあげると怖いことが起こると思ってしまいます。

しつけるメリット

お手とおかわりができるようになると、人の手を怖がらない犬になります。できない子はたいてい、人の手を怖がっています。撫でられるのが嫌なばかりか、人が手を差し伸べただけで怖がって逃げ出すような性格になってしまいますので、お手とおかわりだけは覚えさせておきましょう。

伏せ「犬のしつけ」

伏せ「犬のしつけ」

お手、おかわり、伏せ。この一連の流れを覚えてしまい、筆者の愛犬は黙って右手をさしのべると、お手、おかわりから、勝手に伏せまで、一連の流れで行います。これをやると、飼い主が誉める、喜ぶというのを学習しているからです。

伏せの必要性

伏せはお座りよりも日常生活を送る上で、様々なシーンで活躍できるしつけです。伏せの耐性は、犬が地面にお腹を付ける体勢ですから、次の動作に移るには、お座りに比べて遅くなります。そのため、飼い主が愛犬をコントロールしやすいとも言えます。動物病院での待合室など、大人しく待たせる必要のある場所では、伏せの体勢で待たせるのが望ましいのです。

伏せの教え方

犬は日頃から伏せの体勢でいることがあります。ただし、それには意味があり、飼い主が望む、おとなしく待っている状態ではありません。伏せた状態で上目遣いにこちらを見ているときはかまって欲しいのにかまってもらえないときなどの、ストレスを抱えている場合があります。「伏せ」としてしつけをする場合、偶然伏せているからといって始めるのではなく、しつけの訓練は訓練として、きちんとメリハリをつけて行わなければいけません。

  1. お座りの体勢から、方で手腰を押さえます。
  2. そのまま、前足をとり、前に出してお腹が地面につくようにします。
  3. この時「伏せ」のコマンドを出します。
  4. できたら大げさにほめ、おやつなどを与えます。
  5. 飽きない程度の短時間で訓練を行います。
  6. 最終的に、おやつなどがなくても、コマンドだけで伏せができるようにしつけます。

コマンドだけで伏せができるようになったら、おやつを与えなくても沢山ほめてあげましょう。犬は信頼できる人間に誉めてもらうのが大好きです。そしてそれを繰り返していると、信頼関係がより深まっていきます。

お尻をあげた伏せ

犬は上半身だけ伏せの状態で、お尻を上げた状態になることがあります。これは遊びを誘っている、かまって欲しいときの形です。恐らく嬉しそうにシッポを大きく振っていることでしょう。もし、伏せのしつけ中にこのしぐさを出したら、遊びたい、かまって欲しい気持ちの方が強く、集中できない証拠ですので、しつけの訓練は次回に持ち越したほうがいいでしょう。

お座り<犬のしつけ>

お座り<犬のしつけ>

お座りは、お手、おかわりと並んで基本中の基本になるしつけです。子犬の方がしつけやすいので、飼いはじめたらトイレトレーニングと平行して、「お座り」を教えましょう。

犬は飼い主の指示に従う

お座りという基本の動作を覚えさせることで、飼い主との主従関係を築くことができ、飼い主から誉められることで愛犬も喜び、しつけは楽しいことだと教えます。

お座りに限らず、様々なしつけを行う場合、その動作をする前にコマンドを出すのではなく、動作の最中にコマンドを出します。覚えると、コマンドを出すとその動作をするようになります。

分りやすく言うと、「お座り」と言ってからお座りの体勢をとらせるのではなく、腰をおろす瞬間に「お座り」のコマンドを出します。こうすることで、動作とコマンドが関連つけられます。

犬のお座りの教え方

お座りは比較的覚えやすいしつけです。特別な姿勢ではなく、犬が自然に座る姿勢だからです。

  1. おやつやフードを少量片手に持ちます。
  2. 愛犬の頭より上におやつやフードを掲げます。
  3. 愛犬が手を追って座る体勢になった時に「お座り」と言います。
  4. お座りの体勢になったら誉めておやつやフードを与えます。
  5. うまく行かないときは、手を頭の上に掲げたとき、お尻に手を沿えて座る体勢をアシストします。
  6. 10分以上やらないようにしましょう。また、愛犬が飽きたらいくらやっても覚えませんので、飽きたなと思ったら訓練はおしまいです。
  7. 繰り返し教え、最終的にはおやつやフードを与えなくても、コマンドだけでできるようにします。

お座りができると……

基本のしつけ、お座りができると、この先覚えるしつけにも役立ちます。お座りをさせることで犬を落ち着かせることができるので、しつけの前の体勢としても望ましいのです。

ダメ<犬のしつけ>

犬を飼う中で、「ダメ」という言葉はしょっちゅう使います。でも、あなたの言う「だめ」「いけない」は、その行動をやめさせるためにしつけていますか?とても大事な号令になります。

ダメ=やっちゃだめ

愛犬に甘い飼い主さんダメ<犬のしつけ>て、それをやめさせる言葉だと言うことを教えなければいけません。

アイコンタクトをマスターしてから

だめ・いけないを教える時は、アイコンタクト(アイコンタクトページにリンクしてください)をマスターしてからの方がいいでしょう。

いけないことをしたらすかさず低めの声で「ダメ」と言います。その後、愛犬がどんなに甘えてきても無視しましょう。目を見ていうのがポイントです。

これはNG!

「ダメ」というキーワードを出しているからいいというものではありません。いつもの優しい口調で言ったり、名前を呼んでから叱るのもいけません。名前=よくないことが起きると認識してしまいます。絶対やってはいけないのが、叩きながら「ダメ」ということです。

飼い主が怒っているので、叱られたことは理解しますが、どうして叱られたのか理解できなければ、やってはいけないことが分からないままです。

叱ったあとは無視<犬のしつけ>

犬は飼い主が大好きです。なので、やってはいけないことをして低い声で「ダメ」と言われた後、とことん無視されることで、どうして叱られたのか理解します。ダメ=無視されるという図式が出来上がりますので、自然とやってはいけないことを覚えます。

ですが、アイコンタクトをとれるようになり、信頼関係が築けていなければ難しいかもしれません。

1つ忘れては行けないこと。叱ることはしても、怒ることはしないということです。