チャイムで吠える、来客に吼える、無駄吠えする時の犬のしつけ方

チャイムで吠える「犬の問題行動」

チャイムで吠える「犬の問題行動」

家のチャイムが鳴ると、犬が吠えてしまい悩んでいる飼い主もいるでしょう。チャイムが鳴った際に吠えないようにしつけするには、犬にとってのチャイムの意味を変えてあげる必要があります。

犬がチャイムで吠えるのは

ピンポーンと家のチャイムが鳴った途端に、玄関のほうへ向かってワンワン吠える犬。家のチャイムが鳴るのは来客時です。この時、犬が吠えたくなってしまう状況が連続して起こります。なぜ吠えるのか、その理由を知ることが大切です。

  • 家のチャイムが鳴る
  • 飼い主が動く
  • 誰かが来る

このような一連の状況変化が、犬を吠えるという行為に駆り立ててしまいます。

家のチャイムが鳴る

家のチャイムというのは、頻繁に鳴るものではありません。そのため、チャイムの音自体に驚いてしまう子もいます。チャイムの音を聞き慣れていないので、怖がってしまうのです。

飼い主が動く

来客対応のため、飼い主は玄関に向かいます。飼い主の動きで、興奮する犬は少なくありません。普段から飼い主の動きに敏感な子は、チャイムが鳴ると、飼い主が動くことを瞬時に察知して吠え始めます。

誰かが来る

チャイムが鳴るのは、誰かが来る合図です。それが、たとえば犬にとって家族以外の知っている人であっても、チャイムが鳴った時点ではまだ『知らない人』です。そのため、警戒心から吠えると考えられます。

犬がチャイムで吠える時のしつけ方

家のチャイムが鳴ると吠える犬をしつけるには、チャイムが鳴っても何も怖いことが起こらないばかりか、逆に良いことがあると認識させることが大切です。

チャイムの音に慣れさせる

まずは、チャイムの音に慣れさせるようにしましょう。それには、飼い主やその家族が帰宅時にチャイムを鳴らすようにします。チャイムの音で吠えますが、家に入ってきたのが大好きな人だと分かると静かになります。何度も繰り返しているうちにチャイムの音自体に慣れていくでしょう。

吠えたら犬の嫌なことをする

飼い主の動きに反応したり、見知らぬ来客への警戒心から吠える場合、犬が吠えた瞬間に大きな音を出すなど、犬が嫌がることをしましょう。可哀想ですが、きちんとしつけるために必要なことです。すると、チャイムで吠えたら嫌なことをされるという認識ができ、吠える回数が減っていきます。何度も練習し、チャイムが鳴っても吠えなくなったら、沢山褒めてあげましょう。

チャイムから吠えるまでに間がある場合

チャイムが鳴った瞬間に吠える子ではなく、鳴ってから吠え始めるまでに少し間がある子には、おやつが効果的です。チャイムが鳴って吠える前に、おやつをあげましょう。おやつを与えるタイミングがずれると、間違ったしつけになってしまうので注意しなければなりません。

犬のチャイム吠えしつけ時の注意点

チャイムで吠える犬のしつけをする際に注意しなければならないのは、犬と飼い主だけでは練習できないことです。もう一人チャイムを押してくれる人が必要になります。家族でも犬友達でも構いません。練習に協力してくれる人を見つけましょう。

その他、練習の際には犬にリードをつけることをお勧めします。犬は動くことで、より興奮してしまい、チャイム吠えを助長してしまう場合があるので、それを防ぐためにもリードは必須です。

無駄吠え「犬のしつけ」

無駄吠え「犬のしつけ」

無駄吠えは、飼い主が吠えてほしくない時に犬が吠えたり、吠える回数が多いと感じることです。無駄吠えを止めさせるためには、なぜ吠えているのか、その原因を明らかにすることが大切です。

無駄吠えとは

来客時や電話中など吠えてほしくない時に吠えたり、一日のうちでも吠える回数が多いと感じる……そんな愛犬の無駄吠えに困っている飼い主もいるはずです。犬の吠える声があまりにもうるさいと、近所迷惑にもなる可能性もあるので気をつけなければいけません。

無駄吠えの原因は様々なことが考えられますが、無駄吠えが直ると犬自身のストレスが解消させるので心身の健康にも良いですし、飼い主をはじめとする周囲のストレスもなくなります。近所迷惑になるのではという不安も解消されます。

無駄吠えの直し方

愛犬の無駄吠えを直すためには、まず原因を探る必要があります。「無駄吠え」という言い方をしますが、犬は無駄に吠えているのではなく、ちゃんと原因があって吠えています。縄張りの主張や飼い主への欲求訴え、かまってほしい、他の犬や人に対する威嚇、分離不安などが考えられます。これらを解決することで、無駄吠えを直すことができます。

犬にとって『吠えること』は、自然な行為とも言えます。無駄吠えを直す時は、犬に何度も言い聞かせることで吠えるのを止めさせるのではなく、犬が自分から吠えるのを控えるようになることが理想的です。ここで、無駄吠えの直し方のポイントをいくつか紹介しましょう。

色んな音を聞かせる

犬は自分が嫌いな音などに対して、威嚇の意味を込めて吠えます。ですから、インターホンや掃除機、ドライヤーなどの嫌がる音を常に聞かせて慣れさせましょう。録音して繰り返し聞かせるのもお勧めです。聞かせている間、可能なら優しく撫でてあげましょう。

気をそらせる

犬が吠え始めてしまったら、違う音を出して気をそらせましょう。スリッパや丸めた新聞紙で床を叩いたり、壁を手で軽く叩いてみましょう。

褒めるタイミングに注意

無駄吠えを止めたら、必ず褒めてあげましょう。「吠えたから褒められた」と勘違いしないように吠えるのを止めてすぐではなく、一呼吸置いて犬が落ち着いた時が良いです。おやつやおもちゃなどを与えながら、優しく褒めましょう。

無駄吠えを直す時の注意点

無駄吠えをしたら叱ることも方法の一つですが、これはあまり効果を期待できないでしょう。また、嫌な音に慣れさせる練習の時も、吠えたからと言って叱らないように気をつけましょう。嫌な音が聞こえているのと、叱られたショックで犬はパニックに陥ってしまいます。さらに、褒める際にも注意が必要です。テンション高く褒めると驚いてしまうので、穏やかに褒めることがコツです。

犬の来客吠え

犬の来客吠え「犬の問題行動」

問題行動の中でも、来客吠えはとても困ります。お客さまも驚きますし、制御できない飼い主も焦る行動です。来客があるたびに狂ったように吠える。これは困った行動です。

犬の来客吠えとは

よくある光景ですが、来客に向かって狂ったように吠え続ける犬がいます。それまでおとなしくしていたのに、来客や宅配業者などに、時には歯をむき出して吠え続け、飼い主の制止もききません。お客さまが犬嫌いの場合、怖がらせてしまうことになりますので、対処が必要です。

犬の来客吠えする理由

どうして来客吠えをする犬が多いのでしょうか。

犬はテリトリーを持つ動物です。飼い犬にとっては自分が飼われて入る家や庭が自分のテリトリーになります。ですから、そこにやってくる知らない人は犬にとって「侵入者」になるわけです。そのため、自分のテリトリーから排除しようとして吠え続けるのです。

その他には、見知らぬ人を警戒はするけれど、性格が臆病なため、恐怖心から吠える犬もいますし、逆に、来客を歓迎し、喜びすぎて興奮から吠えてしまう犬もいます。

犬の来客吠えの直し方

来客吠えの直し方は、吠える理由によってそれぞれ違います。

テリトリーを意識して吠える

テリトリーの侵入者に対し、警戒心から吠えている場合、警戒心を取り除いてあげる必要があります。来客の予定がわかっている場合、近所まできたら連絡してもらい、愛犬と一緒に迎えに行きましょう。一緒に家に入ることで吠えないことがほとんどです。家に入ったら、来客者からオモチャやおやつを与えてもらい、警戒する必要のない人間だということを関連付けるといいです。ポイントは、愛犬と飼い主より先に、来客者に玄関に入ってもらう事です。

嬉しくて吠える場合

人が大好きで来客があると喜んで興奮して吠えている場合、まずは落ち着かせなければいけません。興奮している状態でなでたり遊んだりして相手をすると、吠えると遊んでもらえると認識してしまいますので、飼い主がオスワリや伏せなどの号令をだし、落ち着いたらおやつなどのご褒美を与えます。

ずっと吠える場合

玄関先で吠えるだけではなく、来客が家の中に入っても吠え続ける場合、怖くて吠えていることが多いです。この場合、落ち着くまで来客とは犬を目を合わせないようにします。飼い主は犬が好むおやつを与え、少しずつ来客との距離を縮めて与えるようにします。どうしても吠えるのを辞めない場合、クレートやサークルに入れると落ち着く場合があります。