シベリアン・ハスキーの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

シベリアン・ハスキー

シベリアンハスキーの特徴

シベリアンハスキーは、名前が表すとおり、ロシアのシベリア地方が原産です。
アメリカに輸入され、アメリカケンネルクラブに登録されました。

見た目はアラスカンマラミュートとよく似ていますが、シベリアンハスキーの方が一回り体つきが小さくなります。

そり犬としてよく知られていて、1925年にジフテリアが流行した際には、血清と薬を届けるために、500km以上の距離をそりと荷物を引いて走りぬき、力とスタミナのある犬として、一躍有名な犬種となりました。

アンダーコートと皮下脂肪がとても厚く、体つきもしっかりしていて極寒にも耐えられ、スタミナもあり、南極や北極探索にも同行しました。

日本ではバブル時代にシベリアンハスキーを主役とした漫画の人気に火がつき、飼育頭数も急増化しました。

ですが、換毛期の激しい抜け毛や、相当な量の運動が必要だったことから、シベリアンハスキーの飼育放棄が相次ぐという事態にもなりました。

このことを受けて愛好家らがシベリアンハスキーの飼育や躾けについての情報を世の中に広め、無責任な飼い方をする飼い主も減少してきたのです。

シベリアン・ハスキー02

シベリアンハスキーの原産地

アメリカ

シベリアンハスキーの性格

かなり社交的で人懐こく、明るくてへこたれない性格をしています。

このことから頭が悪い犬種だと誤解されてきました。

実はとてもかしこく、責任感も強いです。

顔つきは怖いのですが、フレンドリーで攻撃性も低く、番犬としては破壊的に向いていません。

シベリアンハスキーの日常の管理

スタミナ抜群ですので、体力を持て余さないよう、かなりの運動が必要です。運動不足になると肥満につながるだけではなく、ストレスから破壊行動に出ます。

楽天的な部分があるため、躾がしにくいと言われていますが、何度失敗してもめげることがないので、根気強く躾をしましょう。

アンダーコートが極寒の地でも耐えられるように厚く、予想以上に抜け毛がひどいので、ブラッシングは必須です。

リーダーウォークは犬のしつけの基本!ペーシング・マーキングと犬の呼び戻し
リーダーウォークは犬のしつけの基本!ペーシング・マーキングと犬の呼び戻し

シベリアンハスキーの耐寒性

耐寒性に強く優れているシベリアンハスキー。極寒の場所でも生活することができる犬種です。

シベリアンハスキーの運動

60分×2回

60分の散歩が2回必要になります。一日で2時間散歩に連れて行きましょう。

シベリアンハスキーの手入れ

換毛期は毎日(ピンブラシ・クシ)

換毛期はブラッシングが毎日必要になります。根気よくブラッシングしてあげましょう。

愛犬の毛をトリミングをしてみよう
愛犬の毛をトリミングをしてみよう

シベリアン・ハスキー

シベリアンハスキーのオッドアイ

目の色が右はブラウン、左はブルーなど、左右の目の色が違うことをオッドアイと言います。
どの動物でも、オッドアイは寿命が短いとか短命とか言われています。

ですが、シベリアンハスキーに限ってはそんなことはありません。

本来、オッドアイは虹彩異色症という病気ですが、シベリアンハスキーのオッドアイは虹彩異色症によるものではないからです。

日光が照らす時間が少ない地域で生まれ育ったシベリアンハスキーの目は、元々ブルーでした。

太陽が出ている時間が長い地域に移り住んだシベリアンハスキーの目は、メラニン色素が増えてブラウンになり、オッドアイの固体も珍しくなくなったのです。

こうしたことから、シベリアンハスキーはオッドアイでも寿命に影響はないということなのです。

シベリアンハスキーの気をつけたい病気

緑内障

命にかかわる病気ではありませんが、失明の可能性がある病気です。
目が充血していたり、光をまぶしがったり、いつもと様子が違わないか注意が必要です。

白内障

老犬の多くにみられる白内障ですが、シベリアンハスキーの場合、若年性白内障にかかりやすい傾向があります。

目が白く濁ってきたら早めに治療を始めることで、進行を遅らせることができます。

骨肉腫

激しい痛みを伴う病気で、気づいたときには肺などに転移していることも少なくありません。

スタミナ抜群で遊ぶことが大好きなシベリアンハスキーが運動を嫌がるようであれば、早めに診察を受けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る