キング・チャールズ・スパニエルの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

キング・チャールズ・スパニエル

キング・チャールズ・スパニエルの特徴

キング・チャールズ・スパニエルはその名のとおり、チャールズ1世、2世に溺愛されていたイギリス王族にとても大切にされてきた完全なる愛玩犬です。先祖は狩猟犬だったと言われています。

イギリス発祥とされながらも、詰まったマズルなどからアジアの血が入っているのではないかと言われていますが、詳しく解明されていません。

尾は断尾している固体としていない固体がいます。

ウェーブがかかった毛質は、気品をかもしだしています。

キング・チャールズ・スパニエル

原産地

イギリス

性格

機敏な動きと勇敢な性格を持ちながら、とても優しくて愛情深く、温和な性質も持ち合わせています。

環境が変わっても順応しやすい性格です。

日常の管理

毛がもつれやすいので毎日のブラッシングが必要です。

シャンプーは週に1度してあげましょう。

健康管理

目が大きく、飛び出ているので目の疾患に注意しましょう。

目やにや涙はホウ酸水などで拭いて手入れします。

耐寒性

運動

手入れ

普通

20分×2回

(ゆるい)

1日に1回

(ピンブラシ・クシ)

うちの子自慢

  • わが子キング・チャールズ・スパニエル
    埼玉県のエリザベス・通称べっちゃん
    食いしん坊のベス。およだと鼻ちょうちん娘です。