ジャック・ラッセル・テリアの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

ジャック・ラッセル・テリア

ジャック・ラッセル・テリアの特徴

ジャック・ラッセル・テリアじは19世紀の中期、イギリスのジョン・ラッセルという牧師によって作り出された犬種です。

ウエルシュ・コーギーやブルテリア、ビーグルなど、様々な犬種と交配させて優秀な猟犬を作り出そうと考えたのです。

筋肉質な体をしていて、立ち姿はとても自身に満ち溢れた風貌をしています。

小さな体ですがとても行動的な犬種です。

ジャック・ラッセル・テリア

原産地

イギリス

性格

とても賢く、好奇心が強くて活発です。テリア気質が強く、気性の荒い面も持ち合わせていますので、しっかりとした躾が必要です。

飼い主には従順ですが、自分の方が上位だと認識すると、手がつけられないほど暴れる犬になることも。

頑固な性格をしているので、子犬の頃からの躾け・訓練をしっかりとしていなければ、政権になってからコントロールの効かない犬になってしまいます。

日常の管理

かなり運動能力が高くて活発なため、大型犬並みの運動量が必要です。アジリティなどに取り組むことで、飼い主に対しての服従心を育てることができます。

小さな子供はしつこく触りがちですが、ジャック・ラッセル・テリアはそれを好みませんので、不意に触らせたりしないよう、注意が必要です。

健康管理

遺伝性疾患の少ない犬種ですが、運動をしている中でのケガに気をつけましょう。

耐寒性

運動

手入れ

普通

30分×2回

(ダッシュ)

簡単

(獣毛ブラシ・クシ)