グレート・ピレニーズの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

グレート・ピレニーズ

グレート・ピレニーズの特徴

グレート・ピレニーズはかつてマリーアントワネットに溺愛されていた犬種で、フランス王室の公式犬となり、護衛犬として活躍していました。

体はとても大きく、被毛は真っ白でふさふさとして美しく、忠誠心が強い犬種です。

山岳地帯で牧羊犬や番犬として活躍してきたグレート・ピレニーズも、家庭でも飼うことができるよう、強い警戒心を取り除くように繁殖されてきました。

原産地

フランス

性格

物事を直感的に見抜いて判断する能力に優れています。このことから牧羊犬としても活躍できたのでしょう。

飼い主が指示を出す前に自分で判断する部分があります。

 

警戒心も強く、見た目のようにおっとりした性格ではありません。

日常の管理

大型犬で季節に関係なくアンダーコートが相当抜けますので、それらに対応できる環境でなくてはいけません。

 

暑さにも弱いので、室温の管理が必要です。

夏の散歩は短めに、寒い季節はたっぷりと運動をさせてあげましょう。

 

また、自己判断力に優れていることから、忠誠心は強くても、飼い主のいうことをきかずに行動する部分があります。

大型犬ですから、制御できなければ危険です。

 

子犬のころからしっかりと躾と訓練をして、飼い主がリーダーシップをとり、信頼関係を築いておかなければいけません。

健康管理

高齢犬にさしかかる頃から、骨肉腫になりやすい犬種です。

 

気づくのが遅いと切断しなければいけない場合もありますので、日ごろから歩き方がおかしくないか観察し、体にもよく触れ、異常を感じたらすぐに獣医の診察を受けましょう。

骨肉腫が小さいと治療によって切断を免れることができます。

耐寒性

運動

手入れ

強い

60分×2回

(ゆるい)

毎日

(ピンブラシ・獣毛・クシ)