アメリカン・コッカー・スパニエルの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

アメリカン・コッカー・スパニエル

アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴

アメリカン・コッカー・スパニエルは、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが祖先だと言われています。

イギリスから渡ったイングリッシュ・コッカー・スパニエルは元々狩猟犬でしたが、アメリカで愛玩犬として改良されました。

トリミングでも様々なカットが施され、ドッグショーでは美しい被毛を際立たせています。

被毛の美しさを保つための手入れが大変な面がありますので、手入れに時間をさけない家庭には不向きかもしれません。

毛色もブラックやクリーム、ブラックタン、ダークレッドブラウンなどの種類がありますが、ブラックに飾り毛でホワイトが混じっている個体もいます。

アメリカン・コッカー・スパニエル

原産地

アメリカ

性格

警戒心が少なく、好奇心旺盛で人なつっこい性格をしています。

遊びが大好きなので子供とも上手に遊んでくれます。

日常の管理

運動が大好きな犬種です。体力があるのでドッグスポーツに向いていると言えます。

太りやすい犬種でもありますので、十分に運動させてあげましょう。

 

被毛がダブルコートでとても厚くて長いため、頻繁にブラッシングが必要です。

月に1度はサロンにトリミングをお願いしましょう。

健康管理

遺伝性の脳の病気で、突発性激怒症候群の個体が稀に見られます。

きちんと躾けをしているのに攻撃的な場合、この病気を疑ってみましょう。

耐寒性

運動

手入れ

普通

30分×2回

(ゆるい)

トリミング必要

(スリッカー・ピン・クシ)