アフガン・ハウンドの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

アフガン・ハウンド

アフガン・ハウンドの特徴

アフガン・ハウンドは犬の中でも最も歴史が古く、ノアの方舟に乗せられた犬と言われています。

紀元前3000年頃にはすでに狩猟犬として活躍しており、足の裏は大きく発達し、山岳地帯や砂漠にも難なく対応できるようになりました。

また、気温差50度にもなる砂漠地帯などでもすごせるよう、その被毛はとても厚くて豊かなため、保湿性、通気性にとても優れています。

アフガニスタンからイギリスに渡ったアフガン・ハウンドは、様々な犬種と高配が行われ、現在の形が確立されました。

長い毛を揺らしながら優雅に歩く気品あふれる姿から、イギリスの貴族達の間で爆発的に人気が出て、その後、世界中の裕福層から支持される犬種になったのです。

アフガニスタンには現在でも原種になったルーツのアフガン・ハウンドが現存していて、狩猟犬、作業権として活躍しています。

ルーツとなっているアフガン・ハウンドは、希少価値のある古代犬として大切にされていますが、徐々に数が減り、絶滅の危機に瀕しています。

アフガン・ハウンド

原産地

アフガニスタン

性格

猟欲が残っている固体が多く、飼い主が主導権を握らなければ散歩中に猫などの小動物を追いかけて制御がきかなくなるなどの危険があります。

自分で考えて行動する能力が高く、とても頑固な性格をしています。

日常の管理

まめにブラッシングをしなければ毛が絡まってしまいます。

かなりの運動量も必要で、朝晩の散歩のほかにも、思い切り走りまわれる環境も必要です。

ドッグランが近くにあれば毎日走らせてあげましょう。

健康管理

2歳を過ぎた頃から白内障にかかりやすい犬種です。

また、胃捻転、腸捻転も起こしやすいので、フードを食べさせた後は散歩や走ることはやめましょう。

耐寒性

運動

手入れ

普通

60分×2回

(ダッシュ)

毎日

(ピンブラシ・クシ)