僧帽弁閉鎖不全症 |病名と症状から調べる犬の病気

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症 は、僧帽弁逆流症とも呼ばれている心臓病の一つです。犬がかかる心臓病の約3分の2を占めていると言われています。年齢を重ねるにつれ、発病しやすい傾向にあります。

僧帽弁閉鎖不全症 の主な症状

僧帽弁閉鎖不全症 を発病すると、主に次のような呼吸器系の症状が見られます。

  • 咳が出る(特に散歩中や散歩後、夜中など)
  • 元気がない・疲れやすい
  • 運動を嫌がる
  • 息が荒い

上記のような症状が現れているにもかかわらず放置していると、病状が悪化して肺水腫を起こす可能性があります。その結果、呼吸困難に陥る場合があるので、気をつけなければいけません。

僧帽弁閉鎖不全症 の原因

心臓内にある血液の逆流を防ぐ弁を僧帽弁と言うのですが、それが変化することによって僧帽弁閉鎖不全症 が生じると考えられます。しかし、僧帽弁が変化する原因は解明されていません。この心臓病にかかる犬種が比較的小型犬が多いことから、遺伝的な要素も発病原因の一つとして考えられます。

なりやすい犬種

僧帽弁閉鎖不全症は、加齢とともに発症率が高まります。どのような犬種にも発病の可能性はありますが、中でも小型犬は要注意です。犬種としては、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、シーズーなどによく見られます。

僧帽弁閉鎖不全症 の治療法

僧帽弁閉鎖不全症 の治療は、症状の緩和と病気の進行を抑えることを目的とします。そのため、内科的治療が中心になります。食事療法や体重管理、運動制限以外に、投薬治療などが行われます。加えて、病状が進行し、肺水腫などを併発している場合は、その治療も同時に行います。

僧帽弁閉鎖不全症 は心臓病の一つなので、予防法というものは特にありませんが、少しでも病気の進行を遅らせるためには、早期発見・早期治療が大切です。特に僧帽弁閉鎖不全症になりやすい犬種を飼われている方は、病院で定期的に検査を受けるようにしましょう。

我が家の僧帽弁閉鎖不全症 の愛犬達

僧帽弁閉鎖不全症 という病気は、小型犬の老犬に多くみられる心臓疾患と言われています。

多頭飼いをしている我が家で、1匹が咳をするようになり、呼吸もおかしかったのでかかりつけの動物病院へ。

診察結果は僧帽弁閉鎖不全症からの肺水腫でした。

そのまま入院となりました。

僧帽弁閉鎖不全 の治療

ほかの愛犬達も皆同じ年齢だったため、念のために健康診断を受けることにしました。

2匹は健康体。

子犬の頃から心臓が悪いと言われていた子は進行が遅く、ほとんど状態は変わっていないとのことで安心しました。


更に2匹は僧帽弁閉鎖不全症 ではあるけれど、食事は塩分に気をつけていればまだ治療をする必要はないとのこと。


そしてもう1匹。

肺水腫を起こして入院させた子と同レベルまで僧帽弁閉鎖不全症 が進行していました。

そして軽い肺水腫も起こしているとのこと。

ショックでした。


我が家の愛犬は全て親子です。

遺伝性のものなのか、それとも食生活なのかと思いましたが、小型犬には多く、遺伝などではなく、予防法もないので仕方がないとのこと。

前向きにこの病気と向き合っていくことを決めました。


治療生活

幸い、肺水腫は軽いもので、利尿剤の服用で症状がなくなりました。

現在は朝晩の投薬治療を行っています。


これは生涯飲み続けなくてはいけないのですが、僧帽弁閉鎖不全症 の進行を遅らせてくれるお薬で、薬を飲んでいると、健康な犬と変わらないくらい長生きできますよと獣医さんに言われました。

運動制限や、食事も専門のフードになりましたが、時々咳をする程度で今まで通り元気です。


正直お金はかかりますが、愛犬の命にはかえられません。


僧帽弁閉鎖不全症 の症状として「咳」がありますが、我が家では2匹が咳の症状がありませんでした。

獣医さんによると、咳をしない子もいるということです。


健康に見えても我が家のように心疾患を抱えている可能性があります。

定期的に、聴診器を当ててもらうだけでもいいので、診察を受けるようにしてください。


家族でもある愛犬と、1日でも長く一緒にいられるように。