犬用混合ワクチンの接種〔狂犬病予防と飼い主の義務〕

通常、犬の混合ワクチン接種は生後2ヶ月前後で1度、その翌月と1年後に接種するのが普通です。 様々な病気から愛犬を守るためにも必要なことです。 犬用混合ワクチンは1年に1度? これまでの犬へのワクチン接 … 続きを読む 犬用混合ワクチンの接種〔狂犬病予防と飼い主の義務〕