犬用混合ワクチンの接種〔狂犬病予防と飼い主の義務〕

犬用混合ワクチン

通常、犬の混合ワクチン接種は生後2ヶ月前後で1度、その翌月と1年後に接種するのが普通です。
様々な病気から愛犬を守るためにも必要なことです。

犬用混合ワクチンは1年に1度?

これまでの犬へのワクチン接種は、よくお散歩デビューと言われる2回目のワクチン接種後、1年毎に接種するのが普通とされてきました。

犬は抗体ができても維持する期間が短いため、定期的にうたなければいけないのですが、3年に1度でも充分という獣医さんもおりますので、かかりつけの動物病院と相談しながら接種していきましょう。

犬用混合ワクチンは何種のワクチン?

ワクチンには1~9種までの混合ワクチンがあり、どれを接種していいのか分からないかも知れません。

地域によって打っておいた方がいいもの、必要ないものなどもありますので、獣医さんに相談し、何種のワクチンを接種するのか決めて行きましょう。
基本的には5種混合ワクチンで充分です。

犬用ワクチンの免疫を作る

ワクチンを接種するということは、ウィルスを薄めたものを注射して、一時的に軽く感染させて抗体を作るものです。

ですから、中にはアレルギーを起こしたり、ショックを起こしたりする場合もあります。
その場合は早急にワクチンを接種した病院に連絡しましょう。

リーダーウォークは犬のしつけの基本!ペーシング・マーキングと犬の呼び戻し
リーダーウォークは犬のしつけの基本!ペーシング・マーキングと犬の呼び戻し

犬用ワクチンの種類

愛犬を動物病院に連れて行き、言われるがままにワクチンを接種するのではなく、そのワクチンがどんな病気に効果があるのか、飼い主として知っておきましょう。

1種 パルボウイルス
2種 1種+ジステンパーウイルス
3種 ジステンパーウイルス・アデノウイルスⅠ型・アデノウイルスⅡ型
4種 2種+アデノウイルスⅠ型・アデノウイルスⅡ型
5種 4種+パラインフルエンザウイルス
6種 5種+・コロナウイルス
7種 6種+レプトスピラ
8種 5種+レプトスピラ3種・コロナウイルス+レプトスピラ2種
9種 6種+レプトスピラ3種

犬のマウンティングのしつけは飼い主の態度でおしえることができる
犬のマウンティングのしつけは飼い主の態度でおしえることができる

狂犬病予防ワクチン犬の飼い主の義務

狂犬病予防ワクチン

日本では法律で、狂犬病予防法が制定されています。

日本での狂犬病は撲滅されていますが、海外で狂犬病の犬と接触した人が帰国後に死亡している例もあります。

犬の狂犬病って?

狂犬病は犬だけではなく、猫や狐、コウモリなど、色々な動物が感染する病気で、人にも感染する病気です。

狂犬病に罹患している犬は、異常に興奮し、攻撃的になります。
また、麻痺という症状で現れる場合もあり、水などを飲みこめなくなります。

狂犬病が人間に感染すると

人に感染すると、感染直後であればワクチンで発症を抑えることも出来ますが、発症してしまうと治療法はありません。

症状としては痙攣、麻痺、呼吸困難を起こし死亡率は100%です。

感染経路は狂犬病の犬に噛まれる、傷口などを舐められることで感染します。

人だけではなく、哺乳類全てに感染する危険性があります。

マズルコントロールと犬の威嚇のしつけ方法と犬の分離不安と夜鳴きの問題
マズルコントロールと犬の威嚇のしつけ方法と犬の分離不安と夜鳴きの問題

犬を飼っている人の義務

犬を飼っている人の義務

狂犬病予防接種は犬を飼っている人の義務です。

保健所に愛犬を登録すると、予防接種の時期になると保健所から接種会場日時の案内がきます。
会場に出向けない場合は動物病院でも接種してくれますが、獣医が当番制で会場を周っている為、留守にしている場合がありますので、確認をしてから行くか、時期をずらして接種しましょう。

接種しなくてもいい?

犬を飼っていても、日本では狂犬病が撲滅しているからと、狂犬病予防のワクチンを接種しない人がいます。
必要ないという獣医も中にはいるようです。

狂犬病の予防注射は、犬が狂犬病にならないようにするためだけではなく、私たち人間に狂犬病が感染しないようにするのが一番の目的です。

集団接種

保健所から毎年狂犬病予防注射の会場の案内がきますが、接種時期は4~6月となっています。

初めて予防接種を受ける場合、保健所への登録も同時にできます。費用はいずれも3,000円を少し超えるくらいで、登録と同時だと7,000円弱になるでしょう。

気性が荒く、集団接種会場では制御が難しく、危険だという場合は、かかりつけの動物病院で接種してもらいましょう。
中にはアレルギーを発症する子もいますので、そういった場合は接種が見送られます。

チャイムで吠える、来客に吼える、無駄吠えする時の犬のしつけ方
チャイムで吠える、来客に吼える、無駄吠えする時の犬のしつけ方

愛犬のワクチン予防接種どうしてますか?狂犬病ワクチンは義務ですよ!

春になると、愛犬の予防接種の時期がやってきます。狂犬病予防注射は義務ですが、混合ワクチンはどうしてますか?

愛犬のワクチン予防接種

愛犬のワクチン予防接種

ワクチンは、「法律で予防接種が義務づけられているもの」と、「病気を予防するため接種するもの」に分けられます。

愛犬の予防接種には、狂犬病予防法にて年1回必ず接種しなければならない「狂犬病ワクチン」と病気を予防するための「混合ワクチン」、ノミやダニ、フィラリアから守るためのものがあります。

混合ワクチン

混合ワクチンは3種から9種の病気を予防するためのもので、重篤な病気を予防するためのコアワクチンと、飼い主がリスクなどを判断して接種するノンコアワクチンがあります。

【1】コアワクチン

すべての犬に接種するよう勧告されているワクチン
ジステンパーウイルス・パルボウイルス・アデノウイルス・狂犬病ウイルス

  • ・致死率の高い伝染病
  • ・人獣共通感染症で人の健康に甚大な被害を及ぼす可能性がある伝染病
  • ・広く流行し、多くの動物に被害を与える伝染病

上記のいずれかを予防するためのワクチンです。

コアワクチンは、感染率と発症後の死亡率の高い伝染病の予防接種となり、現在では下記の5種があります。

  • 犬ジステンパー
  • 犬パルボウイルス感染症
  • 犬アデノウイルス1型感染症(犬伝染性肝炎)
  • 犬アデノウイルス2型感染症(犬伝染性喉頭気管炎)
  • 犬パラインフルエンザ

中でも、ジステンパー、犬伝染性肝炎、パルボウイルス感染症は、特に重篤で3種混合、5種混合の接種を勧奨しています。

【2】ノンコアワクチン

ワクチンで予防可能な病原体で、その病原体に暴露される危険性のある個体のみに接種するべきワクチンです。

ノンコアワクチンは、地域環境や感染のリスクを考慮して、接種するかを判断する予防接種になります。3種のレプトスピラ病とコロナウイルス感染症があります。

  • 犬レプトスピラ病カニコーラ型
  • 犬レプトスピラ病黄疸出血型
  • 犬レプトスピラ病へブドマディス
  • 犬コロナウイルス感染症
犬の飛びつき癖・引っ張り癖・自己刺激行動・強制行動に対するしつけ方
犬の飛びつき癖・引っ張り癖・自己刺激行動・強制行動に対するしつけ方

狂犬病ワクチンとワクチン猶予証明書

狂犬病ワクチン

狂犬病は犬だけではなく、猫や狐、コウモリなど、色々な動物が感染する病気で、人にも感染する病気です。

狂犬病に罹患している犬は、異常に興奮し、攻撃的になります。
また、麻痺という症状で現れる場合もあり、水などを飲みこめなくなります。

狂犬病は哺乳類全般に感染する病気です。
発症すると治療法が無く、死にいたる怖い病気です。
人から人への感染はしませんが、感染した愛犬に咬まれたりする事で人も感染してしまいます。

狂犬病予防注射は、狂犬病予防法にて接種が義務付けられていて、毎年4~6月に市区町村より接種の案内ハガキが送付されます。

下記のような状況ではワクチン接種の重い副反応が出たり、犬の健康・生命に影響を及ぼす可能性が考えられます。危険を承知で予防注射を受けることはお奨めできません。獣医師に相談してください。

  • 過去の狂犬病予防注射で副反応(アレルギー、体調悪化など)が出た。
  • がん治療中である。がんの再発のコントロール中である。
  • 重い免疫疾患を患っている。
  • 重い感染症を患っている。
  • 重度のアレルギー、アトピー体質である。
  • 痙攣を起こしやすい。
  • 闘病による体力低下が著しい。
  • 老衰である。高齢のために体力・免疫力の低下が著しい。
  • 抗がん剤、抗リウマチ薬などの強力な免疫抑制剤を使用している。

狂犬病予防法にて、毎年の接種が義務付けられている「狂犬病予防注射」ですが、接種する愛犬の健康状態によっては「猶予」を受ける事が可能です。

引用URL http://cordy.monolith-japan.com/news/4527/

かかりつけの獣医師の問診によっては、接種が不可となり「ワクチン猶予証明書」を交付してもらうことができます。

接種後の注意点と副作用(ワクチンアレルギー)

愛犬のワクチンアレルギー

ワクチンを打った後しばらくは安静に過ごせるようにしてあげましょう。2〜3日はお散歩もなるべく短く、飼い主さんからすすんで遊びに誘ったりはしないようにしましょう。また、お風呂や旅行などストレスがかかることも1週間から10日は控えたほうがいいでしょう。

ワクチン接種後は抗体ができるまでは安静にして、他の動物との接触を避けましょう。他の犬たちが集まる公園や、トリミングなどの普段通りの生活は1~2週間後にしましょう。

ワクチン接種後にアレルギー反応を起こす事がまれにあります。よく遭遇するのが顔面腫脹で、眼の周りやマズル・口の周りがパンパンに腫れて痒がります。また、接種部位が腫れたり痛みがでたりする事もあります。

副作用の症状としては次のものが現れることがあります。

  • 顔が腫れる(血管浮腫)
  • 蕁麻疹
  • 発熱
  • 元気消失
  • 注射部位の疼痛や硬結

ごく稀にアナフィラキシーショックが起きる事があります。
接種から20分以内に発生する事が多いので、接種後30分は病院で様子を見たほうが良いでしょう。

ワクチン予防接種まとめ

ワクチン予防接種

人間の子供たちは幼少期の予防接種で終わりますが、愛犬の場合は、怖い伝染病もあり、毎年の接種が必要となります。最近では少し見直されていて、3年毎でも良いとする獣医師さんもいらっしゃいます。

病気予防のためのワクチン接種ですが、同時に体への負担も大きいです。
大切な「家族」でもある愛犬が病気にならないためのものですので、よく考えて予防接種を受けましょう。

犬の血統書の申請条件
犬の血統書の申請条件
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る