トキソプラズマ症|病名と症状から調べる犬の病気

トキソプラズマ症

トキソプラズマ症は哺乳類全般に感染する病気です。人間の場合は妊娠の際にトキソプラズマに感染していないか検査があります。

トキソプラズマ症の主な症状

基本的に、犬がトキソプラズマ症に感染しても症状が出ることはありません。発熱や筋肉痛がおこる場合もありますが、これも一時的なものです。中には妊娠している犬の場合は流産することもあります。

トキソプラズマ症の原因

トキソプラズマ原虫が原因でおこる病気です。トキソプラズマに感染している生肉を食べたり、糞に触れたりする事で感染します。トキソプラズマは熱に弱いので、肉や魚などは加熱することで安全になります。犬は猫と違い、中間宿主なので、排泄物にトキソプラズマの卵が排出されることはありません。

トキソプラズマ症の治療と予防

発熱があればその治療と共に抗生剤の投与でトキソプラズマ症の治療を行います。

予防としては、生肉を食べさせない、感染している猫の便に触れさせないなどです。