水頭症|病名と症状から調べる犬の病気

水頭症

人間の先天性疾患として見られることがある水頭症は、犬にも発症します。病名のとおり、頭の中に水が溜まっている状態です。水頭症は予防が難しいため、早期発見が重要になります。

主な症状

水頭症を発症しても、場合によっては無症状のこともあります。症状が現れた場合は、次のような状態がよく見られます。

  • しつけをしても覚えが悪い
  • ぼんやりしたり、寝ていることが多い
  • 急に鳴き出して、興奮状態になる
  • 歩き方がおかしい
  • よく転び、上手に立ち上がれない
  • てんかん発作
  • 視力障害

原因

脳脊髄液と呼ばれる脳内の液体成分のバランスが崩れてしまうことが、水頭症の原因と言われています。これにより、脳内の圧力が異常に高まり、色々な神経症状が現れるのです。さらに、脳脊髄液が溜まってしまう原因は『閉塞性タイプ』と『代謝性タイプ』の2つに分けられます。前者は、脳脊髄液がスムーズに流れずに過剰に溜まってしまうタイプ、一方の後者は、脳細胞が何らかの原因で壊れてしまったり、発育しない部分に脳脊髄液が溜まるタイプです。

どちらのタイプも、犬が産まれる前のウイルス感染や何らかの要因による発育不良などの先天的原因に限らず、頭部外傷やウイルス感染による脳炎、脳腫瘍といった後天的原因でも発症する可能性があります。

*なりやすい犬種

特に先天性の水頭症は、小型犬が多く発症します。チワワやミニチュア・ダックスフント、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、パグなどによく見られます。

治療法

水頭症の治療法としては、脳脊髄液の量を減らして脳圧を下げるための薬物治療や、溜まった脳脊髄液を服区などに流す手術が行われます。どのような治療を行うかは、病気の進行度にもよるため、医師とよく相談しながら、治療を受けましょう。また、何か別の病気が原因で水頭症が起こっていると考えられる場合には、その病気の治療を優先します。