膵炎|病名と症状から調べる犬の病気

膵炎

犬の膵炎は、膵臓炎とも言われます。膵臓自体から作り出される膵液によって、膵臓にひどい炎症が起きる病気です。急性と慢性の2タイプに分けられる膵炎ですが、急性の場合は激しい腹痛を伴います。

主な症状

膵炎は、急性膵炎と慢性膵炎に分けられます。急性と慢性で症状そのものにそれほど違いはありませんが、症状の程度は大きく異なります。

  • 元気がない
  • 発熱
  • 食欲の低下
  • 腹痛・下痢・嘔吐
  • 呼吸が荒い
  • 脱水状態

犬が腹痛を訴えているときは背中を丸めてお腹を抱える姿勢をとったり、前足を伸ばして胸を床につける『祈りのポーズ』をとることがあります。急性膵炎の場合は重症化すると、脱水やショック状態に陥ります。

一方、慢性症状では、急性よりも軽い症状です。ただし、一時的なものではなく、断続的に症状が現れます。

原因

膵液が活性化して膵臓自体を消化してしまうことが、膵炎の原因です。これにより、強い炎症が起き、様々な症状が現れます。このような状態が起こるのには、下記に挙げるような色々な原因が考えられます。

  • 嘔吐や腫瘍などによる異物での膵管閉塞
  • 事故などによる膵臓の損傷
  • クッシング症候群や上皮小体機能亢進症などの病気
  • ウイルスや寄生虫による感染
  • 投薬
  • 腹部の外傷・手術
  • 食事内容の乱れ・肥満

なりやすい犬種

中年齢以上の女の子が、膵炎になりやすいとされています。犬種としては、ミニチュア・プードル、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどに多く見られます。

治療法

膵炎の治療法としては、主に点滴と鎮静剤などの投薬が行われます。その他、短期間の絶食や経腸チューブを挿入しての栄養補給などを行うこともあります。症状の重症度によって、適切な治療を受けなければいけません。

また、肥満が膵炎の症状を悪化させてしまうことがあるため、肥満傾向にある子にはダイエットを治療の一環として行います。