歯周病|病名と症状から調べる犬の病気

歯周病

人間でも悩んでいる人は多いですが、歯周病は犬もかかる歯の病気です。一つの病名ではなく、歯肉炎や歯周炎の総称を歯周病と言います。歯周病を放置すると、歯を失ってしまうばかりでなく、内臓疾患を併発することもあります。

歯周病の主な症状

犬が歯周病になった場合も人間同様、歯茎がやわらかくなり炎症を起こして、赤く腫れます。この他にも、次のような症状が見られます。

  • 歯茎から出血する
  • 口臭がひどい
  • 歯の異常
  • 食欲の低下
  • 歯が抜け落ちる

歯周病が進行していくと、歯と歯茎の間に『歯周ポケット』と呼ばれる隙間ができてそれが徐々に広がっていき、やがては歯が抜けてしまいます。また、歯周病菌が血流に乗って、他の臓器にまで達し、内臓疾患を引き起こす場合があります。

歯周病の原因

犬の歯周病の原因も、歯垢と言われています。しっかり歯磨きできていなければ、歯垢がどんどん溜まり、口の中に歯周病菌が繁殖してしまいます。歯垢はしばらくすると、石灰化して歯石になります。歯垢から歯石になると取り除くのが大変になりますし、歯周病も悪化します。人間の場合、歯周病は成人病の一つとも言われますが、犬の場合は成犬病とも言えるものでしょう。

歯周病の治療と予防

軽症の段階では毎日の歯磨きを欠かさず行い、歯垢・歯石を取り除くことで歯周病の症状は次第に改善されていくでしょう。症状が進行しているときは、全身麻酔をしたうえで歯垢・歯石を除去する治療が行われます。また、全身麻酔による歯垢・歯石の除去では治しきれないほど重症化している場合は、抜歯治療が選択されることもあります。

愛犬の大事な歯を失うことになってしまわないためには、日頃からの予防を心がけましょう。子犬の頃から、きちんと歯磨きの習慣をつけておくことです。人間の子供と同様、歯磨きを嫌がる子もいるかもしれませんが、歯磨きの際に飼い主が犬の口の中をよくチェックするようにしましょう。さらに、歯磨きガムや歯垢がつきにくいフードなどもあるため、それらを利用することも歯周病予防に役立ちます。