副鼻腔炎|病名と症状から調べる犬の病気

副鼻腔炎

人間では珍しくない副鼻腔炎は、犬では稀な病気です。しかし、全くないというわけではありません。

副鼻腔炎の主な症状

副鼻腔炎はいきなり起こる者ではなく、慢性化した鼻炎から起こります。なので、鼻炎の症状である、くしゃみ、鼻水がみられますが、鼻水は鼻炎よりひどく、鼻血が伴う事もあります。中には目やにが出たり、鼻が苦しいため、口呼吸をする事もあります。

副鼻腔炎の原因

真菌や細菌、ウィルスなどで起こる鼻炎が慢性化し、副鼻腔にまで炎症が広がると副鼻腔炎になります。この他にも、鼻周辺の怪我や副鼻腔近くにできた歯周病がきっかけになって副鼻腔炎を起こす場合があります。

副鼻腔炎の治療と予防

上記しているように、副鼻腔炎の原因はいくつかあります。真菌が原因の場合は抗真菌剤が、細菌が原因であれば抗生剤が使われます。炎症がひどいと抗炎症剤も使われますし、鼻の洗浄を行う場合もあります。

予防としては、鼻炎が軽いうちに動物病院で治療を始めることです。