脂肪腫|病名と症状から調べる犬の病気

脂肪腫

犬の脂肪腫は、皮膚に腫瘍ができる病気で、シニア犬によく見られます。脂肪腫は良性なのであまり心配する必要はありませんが、発症部位によっては日常行動に支障が出る場合があるため、早めに病院で診てもらいましょう。

脂肪腫の主な症状

脂肪腫を発症すると、犬のお腹や胸、脇の下、内股などを中心に脂肪の塊のようなものができます。楕円形で弾力性がある腫瘍で、ゆっくりと大きくなっていきます。多くの腫瘍ができると心配になってしまいますが、この脂肪腫は良性腫瘍なので、健康を害するようなことはありません。

ただ、筋肉の間に脂肪腫が発生した場合は、歩行に支障が出るケースもあるため、注意が必要です。

脂肪腫の原因

脂肪腫のはっきりとした原因は、現在のところ解明されていません。わかっているのは、シニア犬に多く見られるということです。

腫瘍ができる病気は、脂肪腫以外にも乳腺腫瘍や肥満細胞腫、悪性リンパ腫など色々あります。また、脂肪腫のように皮膚にできるものは、皮膚炎などとも間違いやすいので、気をつけなければなりません。犬の皮膚にしこりや腫れを見つけたら、できるだけ早めに病院で検査を受けることをお勧めします。

脂肪腫の治療と予防

脂肪腫の治療では、手術で腫瘍を切除することになります。腫瘍を切除してしまえば完治しますが、時々再発する場合もあります。

脂肪腫の予防法はありませんので、とにかく腫瘍を発見したら放置せずに病院で診てもらうようにしましょう。