肺水腫|病名と症状から調べる犬の病気

肺水腫

肺水腫は肺に水がたまるもので、単独ではならず、殆どが肺炎や心臓病が原因となって発症します。

肺水腫の主な症状

肺水腫の症状は肺に水がたまることから、呼吸に関する症状が現れます。ゼーゼーした呼吸をするようになり、前足を突っ張り、がに股で座ったまま動かない事が多くなります。体をよこたえるより、この体勢の方が少しでも呼吸が楽になるからです。

症状が進むと鼻水が泡状になって出たり、チアノーゼを起こして舌が紫色になったりします。

肺水腫の原因

肺水腫の原因は2種類に分ける事ができます。心臓が原因で起こる心臓性肺水腫と、それ以外の非心臓性肺水腫になります。犬の肺水腫で多いのは心臓性肺水腫です。

心臓が正常に働かないことで血流が悪くなり、肺の中に血液の成分が漏れだします。こうしたことで心臓性肺水腫がおこります。

非心臓性肺水腫の場合、心臓以外のものが原因でなる肺水腫全てのことを指します。

肺水腫の治療と予防

肺に水がたまっているからといって、針を刺して排出させるわけではありません。血管の中に、肺にたまった水を戻すため、利尿剤や血管拡張剤が使われます。こうすることで、肺にたまった水を尿にして体外に出す事ができます。稀に、気管支拡張剤を使い、酸素を肺に取り込みやすくすることもあります。もちろん、肺水腫と同時に、原因となっている心臓病の治療も行われます。

予防としては、直接肺水腫を予防することは不可能で、その原因となる病気の治療をしっかりと行うことです。