肺炎|病名と症状から調べる犬の病気

肺炎

犬も様々なことが原因で肺炎を患うことがあります。場合によっては命に関わる事もありますので、最後まできっちり治療しましょう。

肺炎の主な症状

肺炎の症状と言えば咳を思い浮かべるかと思いますが、もちろんそれだけではありません。

  • 発熱
  • 呼吸が荒い
  • 食欲低下
  • 疲れやすい
  • 運動をしたがらない

肺炎の原因

犬の肺炎の原因は様々で、ジステンパーウイルス、アデノウイルス、パラインフルエンザウイルスなどが原因となって引きおこる肺炎、また、気管支に細菌や真菌が感染することで肺炎になる場合があります。コレ以外には、寄生虫やアレルギーも肺炎を引き起こすことがあります。

肺炎の治療

肺炎の治療は症状によって様々です。基本となるのは、抗生剤の投与で、二次感染を防ぐために行われます。この他、症状を見て、栄養補給、解熱剤、鎮咳剤、消炎剤などを使い、呼吸が苦しそうな場合は酸素吸入を行います。家庭の中では安静にしてあげましょう。

肺炎の予防

一番の予防は、飼育環境を清潔にし、適度な運動とバランスのとれた食事、さらには抵抗力をつけるために体力をつけてあげる事と、定期的なワクチン接種で肺炎をある程度予防することができます。