パルボウイルス感染症|病名と症状から調べる犬の病気

パルボウイルス感染症

犬を飼っている人であれば、年に1度のワクチン接種で、パルボウイルス感染症のことを分かっている人も多いはずです。しかし、どんな病気か理解している人は少ないのではないでしょうか。

パルボウイルス感染症の主な症状

多くはワクチンを接種していない子犬や免疫力が弱くなっている老犬などに感染・症状が見られます。感染してから4~7日の潜伏期間を経て、下記の症状が現れます。

  • 激しい嘔吐
  • 激しい下痢(水様便・血便・悪臭)
  • 発熱
  • 脱水
  • 食欲不振

下痢や脱水の症状が進むとショック症状になり、急死する場合もあります。様子を見るなどの判断は間違いです。直ちに動物病院に連絡します。他の犬にも感染しますので、獣医の指示を仰ぎましょう。これらの他に、心筋炎、肺血症で命を落とす場合もあります。

パルボウイルス感染症の原因

原因は接触感染によります。すでにパルボウイルスに感染している犬の吐いたものや便などに触れることで感染します。食器の使いまわしなどでも感染しますので注意が必要です。

パルボウイルスに感染した犬が散歩時などにマーキングをすると、そのままウイルスは1年程生存していますので、大変危険です。

パルボウイルス感染症の治療

パルボウイルス感染症に対しての治療法はありません。他の犬への感染を防ぐための抗生物質を使い、症状として現れている脱水や下痢に対しての治療になります。2匹以上の犬を飼育して入る場合は、感染している犬を完全に隔離し、徹底した消毒をしなければいけません。

パルボウイルス感染症の予防

パルボウイルスは予防注射で感染を防ぐ事ができます。愛犬にアレルギーがなければ、子犬の頃に適切な回数の予防注射をし、その後、獣医の指示に従い、定期的に予防注射をすることが感染の予防につながります。