膝蓋骨脱臼|病名と症状から調べる犬の病気

膝蓋骨脱臼

犬の膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝蓋骨(しつがいこつ)という膝関節のお皿が、正常な位置から内側や外側にずれてしまう状態です。進行度によって様々な症状が見られますが、いずれも、早い段階での外科的手術が望まれます。

犬の膝蓋骨脱臼の主な症状

犬の膝蓋骨脱臼の症状は、大きく4段階に分けられます。どの段階かによって、異なった症状が現れます。

グレード1

多くの場合は、何の症状も出ないことがほとんどです。膝蓋骨が脱臼してしまって、自然に正常な状態に戻ります。

グレード2

脱臼した側の足を時々浮かせて歩くことがあるものの、犬自身が足を伸ばしたり、飼い主が少し手を貸すことで比較的簡単に脱臼した膝蓋骨を正常な位置に戻すことができます。

グレード3

グレード2の状態は日常生活にそれほど支障はありませんが、何の治療も受けずに放置していると、症状はさらに進行します。膝蓋骨を元に戻しても、すぐに脱臼を繰り返すようになります。脱臼した側の足を頻繁に浮かせて歩きます。

グレード4

ずれてしまった膝蓋骨を元に戻せず、常時脱臼している状態です。膝を曲げたままの状態で、歩くようになってしまいます。

犬の膝蓋骨脱臼の原因

膝蓋骨脱臼の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。膝蓋骨脱臼の多くは、先天性と言われています。

先天性の原因としては、膝関節周りの筋肉や骨、靭帯の形成不全などが挙げられます。一方で後天性の原因の場合、打撲や高い所からの落下による外傷や、栄養障害などによる骨の変形などがあります。

犬の膝蓋骨脱臼の治療法

蓋骨脱臼の治療は、外科的手術が中心になります。症状が軽いうちに、手術を受けなければいけません。特に子犬で、先天性の膝蓋骨脱臼が認められる場合、骨が成長する前の段階で手術するのが望ましいです。

また、脱臼によって変形性骨関節症を発症しているときは、痛みを緩和するための治療も行われます。肥満も症状を悪化させる一因なので、肥満傾向にある子は、体重管理をきちんと行いましょう。