角膜炎|病名と症状から調べる犬の病気

角膜炎

目の病気として知られている角膜炎ですが、人間だけではなく、犬も発症します。角膜炎はその名の通り、目の角膜に炎症が起きるというものです。重症化すると失明する恐れもあるため、充分に注意しましょう。

角膜炎の主な症状

犬の角膜に炎症が起きてもその程度が軽い場合は、目の痛みもそれほどひどくはありません。その一方で、炎症が進行し広範囲に渡った場合には症状が重くなります。

  • 強い痛みがある
  • 足で目を擦ろうとする
  • 眩しそうにする
  • 床や壁に目を擦りつけようとする
  • 目の周りが涙で濡れている
  • 角膜が白濁する

角膜炎を放置していると、炎症は広がっていきまぶたが痙攣を起こすばかりでなく、視力低下から異常行動をするようになったり、やがては失明してしまうこともあります。

角膜炎の原因

角膜炎が発症する原因は、様々なことが考えられます。砂やホコリなどのゴミや逆さまつ毛などまつ毛の異常によって起こります。さらには、細菌やウイルス、カビなどが犬の目に入ることでの増殖、ドライアイによる涙・ビタミン不足なども角膜炎の原因と言えるでしょう。

また、犬伝染性肝炎の回復期に、角膜炎を併発する場合があります。これは角膜が浮腫を起こして、目が青白く濁ることからブルーアイと呼ばれています。

角膜炎を発症しやすい犬種

角膜炎は、どの犬種にも起こり得る目の病気です。中でも比較的発症しやすい犬種がジャーマンシェパード、ベルジアンタービュレン、パグ、ラサアプソ、ペキニーズ、シーズーなどになります。

角膜炎の治療法

角膜炎の治療法

角膜炎の治療法として、まずは発症原因の除去が優先されます。目を洗いゴミを流したり、目に刺さっているまつ毛を取ります。その後、点眼薬を用いた治療を行います。角膜が深く傷ついてしまっている場合は、手術が必要になるケースもあります。

角膜炎の治療には、ある程度の期間を要します。症状の程度にもよりますが、数週間から数ヶ月かかることが一般的です。愛犬が目を気にするようなしぐさを見せたら、早めに病院に連れて行きましょう。