結膜炎|病名と症状から調べる犬の病気

結膜炎の原因

結膜炎は、人間にもよく見られる目の病気です。犬も寄生虫やアレルギーなどが原因となり、結膜に炎症が起こります。犬の結膜炎は人間にはうつらないとされていますが、犬同士はうつるので注意が必要です。

結膜炎の主な症状

犬の結膜炎も、人間と同様の症状が見られます。目に痒みや痛みが生じるため、目を前足で擦ったり、床に顔を擦りつけたりするしぐさをすることがあります。

結膜炎の症状としては、主に次のようなものが挙げられます。

  • 目の充血
  • 目の痒み・痛み
  • 目やにが出る
  • 涙を流す

結膜炎の原因

犬の結膜炎の原因は、様々なことが考えられます。細菌やウイルス、寄生虫などの感染をはじめ、アレルギーが原因で発症することもあります。その他、目の周りの毛が目の中に入ったり、まつ毛やホコリ、シャンプー剤などの物理的刺激も結膜炎を招く一因となります。

結膜炎になりやすい犬種

どの犬種も結膜炎になる可能性はありますが、中でもなりやすい犬種がいます。特に、ヨークシャー・テリア、キャバリア、シーズー、ミニチュア・シュナウザー、パグ、ブルドッグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどに多く見られると言われています。

結膜炎の治療・ケア・予防

結膜炎は、比較的治療の効果が得られやすい病気です。原因を突き止め、その原因を取り除くための治療と共に、点眼薬や軟膏などを使った治療が行われます。ただし、アレルギーが原因と考えられる場合、回復までにはかなりの時間を要します。そうなった場合、治療が長期に渡ることも少ないことを頭に入れておきましょう。

家庭でのケアとしては、犬の目の周りをきれいな水で丁寧に洗い、目を擦ってしまわないようエリザベスカラーをつけましょう。

また、飼育環境を常に清潔にし、細菌や寄生虫などが繁殖しないように注意しなければなりません。また、目の周りを定期的にしっかりトリミングして毛が目に入らないようにすることも大切です。日頃から愛犬の目の状態をよく確認し、何か異常があれば早めに病院へ連れていくようにしましょう。