ライム病|病名と症状から調べる犬の病気

ライム病の犬

ライム病 は感染してもほとんどが症状が現れず、気づかないことも多い病気です。症状が現れるのは、感染した中で約5%にすぎません。

ライム病 の主な症状

稀にしか出ない症状の中でも、最も多いのが多発性関節炎です。1ヶ所だけではなく、複数の関節が腫れて痛がります。

  • 足をひきずる
  • 食欲不振
  • リンパ節の腫れ
  • 発熱

稀に、急性腎不全を起こす事もあります。

ライム病の原因

ライム病の原因はマダニです。犬を飼っている人であれば周知の事実ですが、初めて犬を飼う人には分からないことかもしれません。

春から秋にかけて多く発生し、犬の散歩に野山に行くと犬の体にマダニが寄生します。マダニがもつボレリアという細菌で、ライム病に感染します。ライム病は人にも感染しますので注意が必要です。

治療と予防

ライム病に感染したら、抗生剤を使って治療します。腎不全を起こしていれば、併せて治療が行われます。

予防策として、野山や河川敷などに行く際は、事前に愛犬に対してノミダニ対策をしましょう。

マダニにつかれたら

愛犬にマダニがついているのを発見しても、無理にとらないようにしましょう。皮膚に噛みついていると簡単に取れず、無理に取ろうとすると、口や頭が残ってしまい、化膿する原因になります。マダニが寄生していたら、獣医さんに取ってもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る