肛門周囲腺腫|病名と症状から調べる犬の病気

肛門周囲腺腫

犬の肛門の周りにある腺組織に腫瘍ができる病気を肛門周囲腺腫と言います。この肛門周囲腺腫は、去勢をしていないオスのシニア犬によく発症します。皮膚の表面に腫瘍ができるため、飼い主も発見しやすく、早期治療につながります。

主な症状

ペットの高齢化が進む中で、シニア犬に多く見られるのが肛門周囲腺腫です。主な症状は、次のようなものがあります。

  • 肛門の周りに硬いしこりができる
  • お尻を床に擦りつける
  • お尻を舐める
  • 便秘になる

犬がお尻を舐めたり掻いたりすることで、出血や化膿、潰瘍などが見られる場合もあります。症状が悪化すると、排便が困難になるケースもあるため、気をつけなければいけません。

肛門周りの毛の生えていないところに小さなしこりができるのが一般的ですが、毛が生えているところや尻尾にもできる場合があります。

原因

男性ホルモンの影響で、肛門周囲腺腫が発症します。多くの場合、去勢を行っていないシニア犬がかかると言われているため、去勢を済ませている子は発症しません。

治療法

肛門周囲腺腫の治療としては、手術で腫瘍を切除する方法になります。また、腫瘍切除と同時に去勢手術も行われます。腫瘍切除時に去勢手術をしても、一度肛門周囲腺腫にかかると、再発しやすくなってしまうので、手術後も充分注意して肛門周りの状態をチェックするようにしましょう。

肛門の周りというデリケートゾーンに腫瘍ができるので、恥ずかしい気持ちから愛犬をすぐには病院に連れていかずに、しばらく様子を見る飼い主も少なくありません。しかし、放置していると腫瘍が次第に大きくなり、切除手術が難しくなります。