鉤虫症|病名と症状から調べる犬の病気

犬の鉤虫症

鉤虫という寄生虫が犬の小腸内に寄生することで、発症するのが鉤虫症(こうちゅうしょう)です。多くの場合、発症しても命に関わることはありませんが、生まれたばかりの子犬に沢山の鉤虫が寄生すると、重い貧血を招き、命に関わる恐れもあります。

鉤虫症の主な症状

鉤虫症にかかると、次のような症状が見られます。

  • 下痢
  • 食欲低下
  • 貧血

これらの症状の重症度は、どれくらいの数の鉤虫が寄生しているかによって違いますが、多くの場合は黒っぽい色をした軽い下痢の症状が認められるくらいで、他にこれと言った症状は出ないことも少なくありません。

ただ、生後間もない子犬の場合は、抵抗力がまだないので鉤虫の大量寄生によって、貧血を起こして重症化することがあるので、気をつけましょう。

鉤虫症の原因

犬の鉤虫症は、小腸内に寄生した鉤虫が原因です。鉤虫症にかかった犬の排泄物に虫卵が混ざり、それがふ化して幼虫になり、他の犬の体内に入り込むことで感染してしまいます。口や皮膚内からの感染以外に、母犬の母乳や胎盤を通して子犬にうつるケースもあります。このため、鉤虫症になったら、愛犬が妊娠するまでに適切な治療を受けることをお勧めします。

犬の鉤虫症と治療

鉤虫症の治療法

鉤虫症の治療法としては、薬物療法が行われます。鉤虫を駆除し、下痢や貧血などの症状を治すために、対処療法が施されます。寄生している鉤虫の数によっては、駆虫治療が数回にわたって行われることもあります。

鉤虫症のケア・予防法

鉤虫症の治療を受けている間は再発防止のため、犬の手入れに使った道具やハウスの中などは全てこまめに熱湯消毒するようにしましょう。飼い主もうつるため、犬の排泄物に触れないようにしてください。また、他の犬の排泄物に愛犬を近づかせないようにすることも大切です。