気管虚脱|病名と症状から調べる犬の病気

気管が変形することによって、咳が出たり呼吸困難を引き起こす病気を気管虚脱と言います気管が変形することによって、咳が出たり呼吸困難を引き起こす病気を気管虚脱と言います。気管虚脱がある犬は、特に夏場の過ごし方に気をつけなければいけません。小型犬で、肥満傾向にある犬は発症しやすいので、注意が必要です。

気管虚脱

気管虚脱の主な症状

呼吸をする際に、ゼーゼーと息が荒くなります。気管虚脱になると、次のような症状が見られます。

  • 発作性の乾いた咳
  • 呼吸時にガーヒー、ガーヒーとアヒルやガチョウの鳴き声のような音が出る
  • 呼吸困難によるチアノーゼ
  • 吐き気

気管虚脱の症状が現れ、苦しくなった時には舌を巻くようにして呼吸するようになります。激しい運動時や興奮時に咳などの症状が出やすいです。

気管虚脱の原因

気管虚脱は、気管が変形することで呼吸がしにくくなる病気です。なぜ気管の変形が起こるのかというと、いくつかの原因が考えられます。

  • 遺伝的要因:遺伝的な要因で、気管が変形します。
  • 肥満:脂肪が気管を圧迫して、変形してしまいます。
  • 慢性の気管支炎:気管支炎など呼吸器系疾患の慢性化で、気管変形を起こします。

発症しやすい犬種

気管虚脱は、主に中年齢の犬やシニア犬によく見られますが、場合によっては若い犬でも発症することがあります。トイ・プードルやチワワ、ポメラニアン、マルチーズ、ヨークシャー・テリアなどの小型犬が多いです。また、稀ですが、ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーといった大型犬も発症します。

気管虚脱の治療

気管虚脱の治療法

一度気管虚脱にかかってしまうと、完治するのは難しいと言われています。そのため、気管虚脱の治療法としては、咳などの症状をコントロールしたり緩和したりする対処療法が行われます。薬を用いて咳を鎮めたり、気管支を広げたりします。さらに、犬が呼吸困難を起こしている場合、早急に酸素吸入などの処置を受けなければなりません。

家庭でのケア・予防

家庭では症状の悪化を防ぐため、出来る限り興奮させず、激しい運動もさせないようにしましょう。特に夏場は、室内と屋外の急激な温度変化などにも注意しましょう。また、散歩に行く際には首の部分を圧迫するカラー(首輪)ではなく、ハーネス(胴輪)にするなどの工夫も必要です。加えて、体重管理をしっかり行い、肥満を防ぎましょう。