ケンネルコフ|病名と症状から調べる犬の病気

ケンネルコフ

ケンネルコフは、咳や発熱など人間の風邪と同じような症状が長く続くもので、伝染性気管支炎とも呼ばれています。空気が乾燥している冬場は発症しやすい病気で、他の動物への感染力も強いので、特に注意が必要です。

ケンネルコフの主な症状

ケンネルコフの場合、病原菌に感染してから1~2週間ほどの潜伏期間があります。

ケンネルコフの主な症状としては、次のようなものが挙げられます。

  • 喉に何かがつかえているような乾いた咳
  • 発熱(微熱程度)

発作性の咳が出るため、咳をした後に嘔吐するようなそぶりを見せることがあります。運動した時や興奮時、気温や湿度が急に変化した時などに咳が多く出ます。抵抗力の弱い子犬やシニア犬などは高熱や膿状の鼻水が出たり、食欲が低下したりと症状が重症化するケースもあるため、充分に気をつけなければなりません。

ケンネルコフの原因

様々なウイルスや細菌が単独、あるいは数種類混合して感染し、呼吸器に炎症を起こすのが原因です。子犬やシニア犬に多く見られるケンネルコフですが、時には健康な犬でも発症してしまう場合があります。気温の変化や慣れない環境でのストレスの蓄積などによって、抵抗力が落ちてしまわないよう注意しましょう。

ケンネルコフに感染しやすい場所

多頭飼いをしている家庭では、特に細心の注意を払わなければいけません。1頭が発症すると、他の犬にも次々と感染してしまいます。さらに、ペットホテルやペットサロンでの感染も多いですし、散歩中に感染することも少なくありません。ケンネルコフが流行しやすい冬場などは、できるだけペットホテルやペットサロンの利用を控えたり、散歩も短時間で済ませることをお勧めします。

ケンネルコフの治療法

ケンネルコフの治療は、薬物療法が中心になります。ウイルスが原因で発症した場合は抗生剤を投与、細菌や微生物などが原因の場合は咳止め薬の服用などの対処療法が行われます。重症化して肺炎などに移行しない限り、ケンネルコフの多くは1~2週間前後で治るでしょう。また、症状がごく軽い場合、自然治癒することも多いと言われています。