股関節形成不全|病名と症状から調べる犬の病気

股関節形成不全

犬の股関節形成不全は股関節異形成や股関節形成異常とも呼ばれ、大型犬によく見られる病気です。多くの場合、遺伝的なものが原因と考えられます。成長期に症状が現れ、早い段階で内科的治療を受けた場合は、予後も比較的良好と言われています。

股関節形成不全の主な症状

股関節形成不全はその名の通り、股関節が正常に形成されていなかったり、変形していることで犬の座り方や歩き方などに異常が現れます。

股関節形成不全の主な症状には、次のようなものが見られます。

  • 元気がなく、疲れやすい
  • 座り方がおかしい
  • 腰を振って歩く
  • 脚を痛がり、引きずる
  • 運動を嫌がる
  • 階段の昇り降りを嫌がる

この他、後ろ足で同時に地面を蹴るウサギ跳びのような走り方をすることがあります。また、これらの症状は早い子で生後4ヶ月頃から出始めます。

股関節形成不全の原因

股関節形成不全は、遺伝すると考えられています。ただ、場合によっては遺伝ではなく、肥満や激しい運動のような環境的なことが原因となり、発症することもあります。

股関節形成不全になりやすい犬種

股関節形成不全になりやすい犬種としては、大型犬が挙げられます。ゴールデン・レトリバーやラブラドール・レトリバーをはじめ、シェパード、バーニーズ・マウンテン、ロット・ワイラー、セント・バーナード、グレート・ピレニーズなどに多く発症します。

バーニーズ・マウンテンドッグの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

ロットワイラー飼う前に知りたい性格と特徴と毛色の基礎知識

セント・バーナードの飼う前に性格と特徴を見ておこう

グレート・ピレニーズの性格や特徴と原産地と日常の管理方法

股関節形成不全の治療と予防

子犬のうちに発症した場合の股関節形成不全は、運動や食事の管理を行いながら、痛みを和らげるための投薬治療が行われます。すでに重症化していて、投薬治療などでの回復が望めない場合、手術を受けることになります。股関節形成不全の手術にはいくつかの方法があるので、獣医師とよく相談したうえで決めましょう。

股関節形成不全の多くは遺伝的要因によるもので予防のしようがありませんが、新しく子犬を家族に迎える際は、親犬が股関節形成不全を発症していないかを前もってチェックしましょう。さらに確率は低いものの、後天的要因もあるので、特に大型犬は子犬の時期から食事や運動の管理には気をつけていかなければなりません。