噛む(突発性激怒症候群)|病名と症状から調べる犬の病気

噛む(突発性激怒症候群)

今までおとなしかった愛犬が飼い主を噛むなど、突然攻撃的な態度を示すようになったら、それは先天性の脳の病気かもしれません。犬がしつけや飼い方によって抑えることができない攻撃性を持つ場合、一度病院で相談してみることをお勧めします。

突発性激怒症候群の主な症状

甘噛みではなく、攻撃性を持って噛む……犬にそのような症状が見られたら、突発性激怒症候群を疑ってみましょう。

  • なんの前触れもなく怒り出す
  • 辺り構わず攻撃する

この突発性激怒症候群は、周りの物や他の動物、人間など全てに対し突然攻撃的になります。大人しい性格の子がどうして……と、不思議に思う飼い主も少なくありません。飼い主にさえも襲いかかってきます。周囲の物を壊してしまうだけでなく、周りにいる動物や人に危害を与えてしまいます。

上記の症状が現れているときは、ある種の発作状態になっています。ですから、犬自身には意識がなく、発作が治まるとほんやりとしていることが多いです。

突発性激怒症候群の原因

噛むという行為自体は、犬の優位行動でもよく見られます。でも、犬の順位付けとされる優位行動の場合は、噛むといっても甘噛み程度です。それに、それほど攻撃性や凶暴性はありません。このようなことから、突発性激怒症候群との見分けは比較的つきやすいでしょう。

突発性激怒症候群は、正式名をスプリンガー・レージ・シンドロームと言います。スプリンガー・スパニエルという犬種が最初に発病したことから、この病名が付けられました。これは脳の病気と言われています。ある研究では、脳内刺激伝達物質であるセロトニンの量の低下が原因との結果が出ています。遺伝性の病気と考えられているため、噛む行為はしつけなどによって抑えられるものではありません。

発症しやすい犬種

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルをはじめとするスパニエル種以外に、レトリバー種やテリア種の犬も突発性激怒症を発症しやすいと言われています。全体としてソリッド・カラー(単色系)の子に比較的多く見られます。

噛む(突発性激怒症候群)の治療法

突発性激怒症候群の治療法

突発性激怒症候群は、根本的な治療法が確立されていません。愛犬に突発性激怒症候群の疑いがある場合、動物を専門に見てくれるできるだけ大きめの病院で、脳のCT検査やMRI検査を受けましょう。治療法としては、抗てんかん薬による薬物療法を行い、様子を見ることになります。この方法で発作が治まることもあるとされているので、諦めずに根気よく治療を受け続けましょう。