拡張型心筋症|病名と症状から調べる犬の病気

犬の拡張型心筋症

拡張型心筋症

心筋症は、心筋が正常に働かなくなってしまう心臓病の一つです。犬に多く見られるものとして、心室内腔が広がる拡張型心筋症がありますが、それ以外に拘束型、肥大型などもあります。

拡張型心筋症の主な症状

犬も人間と同様に、心臓病にかかることがあります。いくつかある心臓病の中でも、特に犬に多いのが、拡張型心筋症です。拡張型心筋症の主な症状は、次のものが挙げられます。

  • 元気がない
  • お腹が膨れる
  • 咳をする
  • 呼吸困難になる
  • 意識がなくなる

初期の段階では、特にこれと言った症状が見られませんが、時々失神したり、元気がないような様子をしていたら、拡張型心筋症を疑っていいかもしれません。咳や呼吸困難などの症状が現れた場合は、肺水腫を起こして症状が進行してしまっています。重症化したときだけではなく、急性の症状が出た際には、命に関わる恐れがあります。

拡張型心筋症の原因

心筋症は大きく、突発性心筋症と続発性心筋症の2種類に分けられますが、前者は原因不明、後者は何らかの基礎疾患により二次的に発症すると言われています。犬に多い拡張型心筋症は、突発性心筋症に分類されます。発症原因は未だ解明されていませんが、加齢に伴って発症する確率が高まる傾向にあるとされています。

拡張型心筋症を発症しやすい犬種

拡張型心筋症にはどの犬種も注意しなければなりませんが、特にアメリカン・コッカー・スパニエル、ダルメシアン、グレート・デーン、ドーベルマン、ピンシャー、ボクサーなどの大型犬が比較的発症しやすいと考えられています。

犬の拡張型心筋症の治療

拡張型心筋症の治療法

拡張型心筋症の治療は、症状に合わせた薬物療法が行われます。加えて、心機能の改善に役立つ成分を補います。また、塩分の過剰摂取は心臓に負担をかけてしまうため、塩分を制限した食餌療法も欠かせません。治療を受けることによって症状の軽減はある程度見込めるものの、進行性疾患のため、症状が軽くなっても治療を受け続ける必要があります。

残念ながら、拡張型心筋症は予防できる病気ではないので、愛犬の体調をこまめにチェックし、何か気になることがあればすぐ病院で診てもらうようにしましょう。