犬回虫症の主な症状と原因と治療「犬の病気」

犬回虫症

犬回虫症はトキソカラ症とも呼ばれ、犬回虫という寄生虫によって胎盤や母乳、または経口などから感染します。命に関わる恐れは少ないですが、下痢などの症状を引き起こすため、充分に注意しなければなりません。

犬回虫症の主な症状

犬回虫症を発症すると、主に消化器症状がよく見られます。特に、子犬が犬回虫症にかかった場合、発育不良の原因にもなるので注意が必要です。

犬の回虫症の主な症状には、次のようなものが挙げられます。

  • 下痢・嘔吐
  • お腹が膨れる
  • 体重低下
  • 元気がない

この犬回虫症は、基本的には命に関わるようなことは少ない病気ですが、まだ抵抗力の低い子犬の場合は、あまりにも症状が重いと命に関わるケースもあることを頭に入れておきましょう。

また、成犬でも発症しますが、症状としては下痢が主です。その一方で、何の症状も現れないことも少なくありません。

犬回虫症の原因

冒頭でも述べているように、犬回虫症は犬回虫と言われる寄生虫に犬が感染することで発症する病気です。母犬の体内でうつったり、母乳を飲むことでうつったり、犬回虫の卵がある土壌で遊んでいる時に卵を口にしてしまうことで発症します。このような感染経路を見てみると、犬回虫症が子犬に多く発症する理由が分かります。

犬の体に回虫が入ると、体内を移動しながら、最後には小腸に寄生します。小腸まで来てしまうと、腸閉塞を併発することがあります。

犬回虫症の治療

犬回虫症の治療法

犬回虫症の治療法としては、薬物療法が行われます。まずは、駆虫薬を用いて、犬の体内に入った寄生虫を駆除します。その他、下痢の症状を和らげる薬を投与します。犬の年齢や発症後の経過日数、寄生虫の数などによっては、一度だけでは駆除しきれない場合もあります。定期検査の結果次第では、必要に応じて再投与することになります。

犬回虫症の予防

散歩の際などに、愛犬が他の犬の排泄物に触れたり、その臭いを嗅いだりしないように気をつけましょう。また、愛犬の排泄物も放置せず、必ず片付けましょう。