尿崩症|病名と症状から調べる犬の病気

尿崩症

犬の尿崩症。聞きなれない病名ではないでしょうか。滅多ににみられない病気ではあるのですが、気づかずにいるだけかもしれません。

尿崩症の主な症状

特に目立った症状として、尿量の増加があります。室内飼いだとよくわかるでしょう。尿の量が増加するのに比例して、水を飲む量も大量になります。これは、腎臓が水分を再吸収できなくなることから、大量に水が必要になるからです。

尿量が増えているにも関わらず、充分に水を与えていないと脱水症状が現れ、体を痙攣させたり、意識が朦朧とするなどの症状が現れ、慢性化すると体重の現象もみられるようになります。

尿崩症の原因

尿崩症には2種類あり、それぞれ原因が異なります。いずれにしても大量に薄い尿が出て、水を沢山飲むという症状に変わりはありません。

中枢性尿崩症

脳化垂体や視床下部の怪我や腫瘍、炎症を起こす事により、尿の量を調節するADHと言うホルモンの分泌が低下することにより起こる尿崩症です。

腎性尿崩症

ADHの働きは正常でも。先天的や後天的な病気によって、腎臓の反応が悪くなることで起こる尿崩症です。

尿崩症の治療

水分補給をしっかりとし、獣医の指示に従って薬を投与してください。

  • 中枢性尿崩症:ADH投与
  • 腎性尿崩症:利尿剤投与、低ナトリウム食