耳血腫 |病名と症状から調べる犬の病気

耳血腫

耳血腫 はじけっしゅと読み、耳に分泌液や血液がたまって、耳が膨らんでしまう病気です。痛みや痒みをともなうため、犬にとってとてもストレスがたまります。日頃から健康チェックを行い、耳を痒がり、腫れているのでしたら、すぐに動物病院へ行きましょう。

耳血腫 の主な症状

冒頭で紹介した通り、耳が腫れてふくらみ、痛みや痒みが出ます。患部は熱を持ちます。

しきりに頭を振ったり耳を気にしたり、痒がったりしているようでしたら、耳をチェックしてみてください。

耳血腫の原因

耳血腫の原因は様々なことが考えられていますが、はっきりとした原因は分っていません。

耳に痒みが生じる外耳炎や耳ダニ症、様々なアレルギーなどで耳に痒みが出た際、しきりに掻くことで血管に傷がつき、発症するケース、犬同士の喧嘩で噛まれて傷がつくなどの耳の怪我など、様々な原因が考えられます。

耳血腫の治療と予防

耳血腫で画像検索をすると、ちょっと気持ち悪いと思ってしまうかもしれません。治療は、たまっている分泌液や血液を排出させるのですが、その方法は様々です。

切開して出す方法やパイプを通して内容液を出す方法、注射を使い、吸い出す方法です。

最後に止血をし、耳を綺麗に洗浄して穴を縫い合わせます。

その後、炎症や細菌感染を起こさないように、ステロイド剤、抗生物質が投与されます。

治療をしなくても自然治癒しますが、痛みや痒みで愛犬にストレスもたまりますし、耳が変形してしまう場合もありますので、早めに治療を行うのが望ましいでしょう。

予防としては、耳に痒みを伴う耳ダニや外耳炎などの耳の病気の治療を早めに行う事でしょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る