愛犬の歯は磨いてますか?犬にも歯石除去が必要

大切な愛犬の口が臭かったり汚かったり、歯が黄色く汚れていたりすることはありませんか。こういう場合は歯石が原因になっていることが多いのですが、一度できてしまった犬の歯石除去は簡単ではありません。

口内には常に細菌がうようよしています。その細菌の塊のことを「歯垢」とよびます。犬の歯石とは、増え続ける歯垢を放置しておくことで、唾液中の成分と共に硬化したもののことをいいます。歯石の表面には更に歯垢が付着してゆき、どんどん大きくなって固まっていきます。

犬は虫歯になりにくい?

犬は虫歯になりにくい?

犬は人間と比べて虫歯になりにくいと言われていますが、その分歯石が付きやすいという特徴があります。

勿論、歯石を予防するために毎日歯磨きを怠らなければ、歯石で悩むことはありません。しかし、人間と違い、犬に毎日朝昼晩の歯磨きを習慣づけることは現実的にかなり難しいものです。子犬の頃から手厚くケアをしていれば、歯磨きが習慣化して安易にできる場合もありますが、多くの場合、犬は口の周りを触られることを非常に嫌がります。

一般的に、歯についた歯垢を48時間以上放置すれば歯石になってしまうと言われています。つまり少なくとも2日に一度は念入りな歯磨きをする必要があるということです。たまにケアをする程度で歯石を防ぐことはできません。常に気を使い、歯石を作る前に、普段から歯磨きをすることが大切になります。歯石を放置しておくと、歯石の表面の小さな穴に細菌が繁殖してゆき、そこから毒素が排出されます。それが歯の骨を溶かす歯周病の原因となります。

歯周病になることで併発する病気

歯周病になることで併発する病気

歯周病により、心臓病や慢性腎疾患、ガンや骨粗鬆症など、重篤な病気になる場合があります。たかが歯石と思う方もいらっしゃると思いますが、大切な愛犬のことを思うと放置しておくことはおすすめできません。

それでは、できてしまった犬の歯石除去にはどんな方法があるでしょうか。

比較的簡単な方法として、「スプレー」を使った方法があります。即効性はありませんが、毎日犬の歯にスプレーするだけです。少しずつではありますが、歯石除去のみならず、予防もすることができます。スプレーをかけられるのを、怖がったり嫌がったりする場合もあると思いますので、その場合はスプレーを愛犬がよく遊ぶおもちゃに吹きかけて与えたり、ガーゼにしみこませて歯をこすってあげるとよいと思います。

歯周病は気長に治療すること

歯周病は気長に治療すること

効果が出るまでには犬によって差がありますが、最長で半年ほどかかると思っておいた方がよいと思います。ただ、自宅で簡単に試すことができる唯一の方法になりますので、一度試してみる価値はあるかと思います。

しかし、スプレーでとりきることができないほど、びっしりと歯石がついてしまったら、自宅で犬の歯石を除去するのは断念するしかありません。動物病院でプロの先生にお願いしましょう。

自宅で困難と感じたら動物病院に任せるのもひとつの考え方です。

動物病院にお願いする犬の歯石除去の費用は、平均すると約3万円から5万円となっています。高額な理由は犬の麻酔が高いからです。人間も歯科クリニックで歯石を除去することがありますが、その場合も痛みは相当ありますよね。犬には我慢できるレベルではありませんし、安全に処置ができるはずはありませんので、どうしても全身麻酔は必要になります。麻酔薬は犬の体重に比例して価格が上がるのが通常です。歯の状態が悪く、歯石除去では処置ができずに抜歯が必要になった場合は、更に費用が上がることになります。

稀に、犬の麻酔をせずに歯石除去を行う病院もあるようです。場合は処置代が3,000円程度で済むのでとてもお安くなりますが、なかなか難しいのが現状だと思います。

動物病院でおこなう歯石除去

動物病院でおこなう歯石除去

動物病院で行う歯石除去の流れとしては、まず問診を行い、血液検査や胸部レントゲン撮影などの事前検査を行います。歯石除去当日は飲食禁止など、様々な注意点がありますので、よく話を聞きましょう。

全身麻酔の後、超音波スケーラーにより除去作業が開始されます。超音波による除去なので、スルスルと綺麗にはがれていきます。綺麗に除去されたら歯肉ケアも行います。こうして歯が真っ白になり、よい状態になったら、今後の歯石予防の為にポリッシャーで歯にコーティングを施して、終了となります。

このように、高額な費用をかけて歯石除去を行っても、大半が1年程度でまた元通り量の歯石が付着してしまう、と言われています。飼い主にも愛犬にも大きな負担となる動物病院での全身麻酔を伴う歯石除去までにいたらないように、日々の口腔ケアをもう一度見直し、歯磨きを習慣づけるようにしましょう。

歯磨きを嫌がる犬の為に、歯磨きタイプのおやつやジェル、指にはめて歯をマッサージできる歯磨きグッズなども市販されていますので、色々なものを試しながら愛犬にぴったりの方法を模索してみるとよいでしょう。

犬の歯石除去の費用については、各動物病院が自由に決めることができるので、医師に相談した結果、価格が高すぎて躊躇してしまう場合は、別の動物病院の医師に相談してみてもよいと思います。