熱中症は犬とっても危険!知っておきたい対策方法

犬であっても人間と同様に熱中症に見舞われてしまいますし、犬の熱中症とは湿度と室温が高い環境下で長時間過ごさせたり、閉鎖的な車内でお留守番をさせる事により引き起こされます。

人間の場合は夏場だと外の方が涼しく感じられ、屋外で長居したりいつもより多くの時間を確保してお散歩に連れ出すことがありますが、犬の熱中症対策としては不適切です。

犬の熱中症とは

犬の熱中症とは

犬の熱中症とは対応に遅れが生じれば命を落としてしまう可能性があるほど恐ろしいものなので軽視するのはタブですが、きちんと犬の熱中症対処方法をしていれば防ぐことが可能であるため、知識を習得することから始めていきましょう。

そもそも、犬の熱中症とは高温多湿気候に上手く順応することができず、常日頃通常時よりも高い体温で推移し続けてしまっている様子を指し、体中の臓器の動きが悪くなる上に障害が起こります。

犬の熱中症とはこれらを総じて言っているのですが、多いのは6月から8月の夏真っ盛りの期間であり、午前は健康体であったのに午後になった途端様態が急変するのも珍しくありません。

注意する時期は6月から8月の夏真っ盛りの期間

特別な暑さを覚えた日の翌日に涼しいと過ごしやすくて嬉しくなりますが、犬の熱中症対処方法が難しくなってしまう厄介者です。
温度と湿度の両方が高い所に一定時間身を置いていると少しずつ順応していくのは人体と変わらぬ仕組みですが、犬の熱中症対策では60日間を要する事実を知っておかなければなりません。

しかも、初夏は慣れていないのに突然春から真夏に切り替わったように変化するので、発症しやすくなることから尚更注意してください。
危機管理が高い方は犬の熱中症対策の一環として天気予報を入念に調べるのですが、報じられている数字だけを考えて犬の熱中症対処方法を考慮するのは適当とは言えません。

犬が感じる熱中症の暑さはここから

犬が感じる熱中症の暑さはここから

蒸し暑さによって全く印象が違ってきますし、風の有無や建造物やアスファルトから放たれる放射熱も大変深く関与するのです。
最大級の犬の熱中症対策をしないとならないのは、無風で洗濯物が乾きにくいような印象がしていて、アスファルトをきっかけにして生じる照り返しが我慢できないときです。

ペットとして飼っている方ならわかりますが、人間とは違って活発に動き続けても発汗することがなく、その代わり舌を出して大きく口呼吸をしています。

  • 風の有無
  • 建造物やアスファルトから放たれる放射熱
人間の体は汗を流すと体温調節が済ませられるものの、動物は汗腺が無いため口で忙しく呼吸することによって調整を済ませます。

しかし、忙しなく行っていても対応できないほど体内に熱がこもってしまえば高体温症になり、次第に各所の動きが悪くなり最終的には命も脅かされます。

犬の熱中症を目視で確認

犬の熱中症を目視で確認

犬の熱中症とは初めの頃に目視確認できる変化を見逃してしまうと、目に見えて悪化していくのがわかり、飼い主としては非常に心苦しい気持ちです。

重度になるほど優秀な獣医師でも救援できなくなるので、時間との勝負だという事を肝に銘じておきましょう。

少しでも疑わしいのであれば即座にいつもお世話になっている動物病院に駆け込み、できれば前もって電話連絡をしておくと、医療施設は向かっている間に準備を整えていてくれて速やかに処置が始められます。

医療機関に向けて移動するのは徒歩や自転車、自家用車など様々ですが共通している重要性は移動中の微々たる間でも冷やしてあげる行為です。

移動中の微々たる間でも冷やしてあげる

医療機関に運ぶ場合

医療機関に運ぶ場合

愛犬を運ぶ際には小さなゲージなどに入れてしまいがちですが、なお一層体温上昇してしまうので、できる限り蓋を開けてあげて空気の通りを良好にしてあげたり、濡らしたタオルを首元などに当ててあげましょう。

生物を冷やす時に用いるような冷却材は急激に体温変化が起こってしまい、好ましくないため手に取らないようにします。
無事に目的地に到着したらより良い成分が配合されている飲み物で栄養補給が開始され、同時に点滴で外部からビタミンや栄養素を投与していきます。

犬の熱中症対策のまとめ

犬の熱中症対策のまとめ

常識的に考えて室内で飼育している方が人間が辛くないと感じる環境下と条件が同じなので、犬の熱中症対策は尽力しなくて良いと感じられる事案が多いですが、実は人々にとって重宝しているクーラーが犬の熱中症対処方法を阻害しています。

エアコンから放出される冷気は少しずつ冷たくなっていくのではなく、何も前触れがなくとても冷たい空気が出てきます。

そのため、愛犬としては心の準備ができておらず、自律神経などが乱れてしまい健康体が害されてしまう恐れがあるのです。

つまり、保冷剤をいきなり密着させられたのと同じような衝撃が加えられてしまうので、対処策としてはより良いものではないです。

そうした点から天気予報を確かめて、暑くなりそうな想定ができるのなら、早いタイミングで窓を開け放ち続け、可能ならベランダに自由に出入りできるように環境を整えてあげてください。

熱中症の症状が重くなると自力で動くことは難しくなりますが、不都合を感じたら自発的に過ごしやすい所に移動するので、日陰でほぼ屋外になりそうなベランダがあれば犬の熱中症対策として万全です。

熱中症の対策には日陰になる場所をつくってくこと