下痢|病名と症状から調べる犬の病気

下痢「犬の病気」

犬が下痢をした場合、その原因には様々なことが考えられます。その原因によって、適切な治療を受けることが大切です。下痢をすると脱水症状を起こす場合もあり、体力も消耗するので早めに病院へ連れていくことをお勧めします。

犬の下痢の主な症状

下痢と言っても、その症状は千差万別です。異常のある部位によって、下痢はいくつかの種類に分けられます。

小腸性の下痢

小腸に何らかの異常があることで下痢が見られる小腸性の下痢は、便の量は多いものの、回数は比較的少ないです。小腸から出血しているときは、便の色が黒っぽくなります。下痢の他、体重低下や嘔吐、脱水症状などが現れることもあります。

大腸性の下痢

大腸に何らかの異常があることで下痢が見られる大腸性の下痢は、小腸性の下痢とは逆で、一回の量が少なく回数が増える傾向にあります。小腸から出血しているときは、血便が出ることもあるので注意が必要です。多くの場合、体重低下は見られません。

その他の下痢

細菌やウイルスによって下痢が起こる場合、激しい下痢を数日に渡って繰り返し、発熱や嘔吐、脱水症状などが認められます。重症化すると、命にかかわる場合もあるので早急に病院を受診しましょう。特に、子犬の場合は細心の注意を払わなければなりません。

犬の下痢の原因

すでに述べているように、下痢を起こす原因は、食べ物から寄生虫、ウイルス、腫瘍など本当に様々です。

中でも、犬が起こす下痢では食べ物が原因となるものが一番多いと言われています。食べ過ぎやいつも食べている餌の種が変わったとき、腐ったものや異物を拾い食いしたときなどに下痢になります。さらに、消化器系に何か別の病気を抱えていたり、過度のストレスなどによっても起こります。

犬の下痢の治療・予防

下痢の原因を特定して、その原因に応じて治療を行っていくことになります。投薬治療以外に、点滴などをする場合があります。下痢の原因が他の病気によるものの場合は、その病気の治療を行うことで、下痢の症状が治まります。

犬の下痢の予防には、日頃の健康管理と餌の管理が重要です。また、ウイルスや寄生虫感染を防ぐために、定期的なワクチン接種や駆虫薬の投与を忘れないようにしましょう。