骨折|病名と症状から調べる犬の病気

骨折「犬の病気」

犬が誤って高い所から落下してしまう、あるいは交通事故に遭うなどして骨折してしまうことがあります。骨折した部位やその程度によって、様々な症状が見られます。

主な症状

犬の怪我の中でも、骨折は珍しくありません。骨折部位や程度によって、異なる症状が現れます。ここでは、主な症状をいくつか取り上げましょう。

  • 足が腫れて、熱をもっている
  • 足を痛がる
  • 歩き方がおかしい
  • 足を引きずったり、かばったりする
  • 足の向きや形がおかしい

この他、骨折だけでなく、脊髄までも損傷してしまうと、神経が麻痺し歩行困難になります。さらには、排尿・排便障害などが起こります。

原因

冒頭でも述べたように、犬が骨折する原因としては主に高い所からの落下や交通事故などが挙げられます。それ以外に、骨腫瘍など他の病気が原因となったり、子犬の頃からの肥満体質で骨の発育が悪く、骨折しやすくなっている子もいます。

治療と予防

犬の骨折も、治療法は人間の骨折と同様です。基本的な治療は、折れてしまった骨を正常な位置に戻したうえで骨が再生し、くっつくまで添え木を使ったり、ボルトやピンなどで固定しておきます。軽い症状の場合は、ギプス固定することで自然治癒することがほとんどです。複雑骨折している場合や骨折部位によっては処置が難しくなり、完治にも時間を要することが少なくありません。また、骨折したままの状態で時間が経ってしまうと、治療が困難になりますから、犬の骨折が疑われたらすぐ病院へ連れていきましょう。

犬の骨折を予防するには、しつけをしっかりすることが重要です。さらに、散歩の際などには必ずリードをつけて、骨折に繋がるような事故を未然に防ぐように心がけましょう。