てんかん|病名と症状から調べる犬の病気

てんかん

人間でもしばしば交通事故の原因などで取り上げられるてんかん。犬にもてんかんがあります。命に直接関係するものではありませんが、事故につながる恐れはあるので注意が必要です。

てんかん発作の主な症状

主な症状はてんかん発作になりますが、必ず数日前から直前に前兆がみられます。落ち着きがなくなったり、よだれを流したりする前兆が起こります。てんかん発作の症状は下記の通りです。

  • 全身をこわばらせて震える
  • 意識の消失
  • 失禁
  • 部分的な震え
  • 攻撃敵になる
  • 見えない何かを追いかける仕草

ほとんどのてんかん発作が数分で治まるのに対し、発作がおさまりかけている際に再び繰り返し発作を起こす場合があります。この場合、脳にダメージを与え、稀に命に関わることもありますので、早急に獣医の診察が必要になります。

てんかん発作の原因

脳の神経細胞に異常が起こる事でてんかん発作を発症します。

特発性てんかん発作と呼ばれるものは脳などに異常がみられず、原因が明らかになっていません。かかりやすい犬種があることから、遺伝が関係しているのではないかと考えられています。

一方、症候性てんかんと呼ばれるものは、脳に、水頭症や脳腫瘍、犬ジステンパーなどの障害があるために起こるてんかんです。

てんかん発作の治療

病気が原因となっている症候性てんかんの場合は、その病気の治療がメインになります。原因が明らかになっていない特発性てんかんの治療には、抗てんかん薬を投与します。繰り返してんかん発作を起こしている場合、痙攣をおさえる筋y食う処置がなされます。