チェリーアイ|病名と症状から調べる犬の病気

チェリーアイ

チェリーアイは、別名を第三眼瞼腺逸脱とも言います。涙を作る働きをしている第三眼瞼腺という組織が、目の内側から外に飛び出してしまう病気です。飛び出した第三眼瞼腺が、赤く腫れ上がった様がサクランボに似ていることから、チェリーアイと名付けられました。

主な症状

チェリーアイになると、犬の目に様々な症状が現れます。片目にのみ発症する場合もあれば、両目に発症する場合もあります。

  • 涙を流す
  • 目が充血している
  • 目を気にしてこする
  • 瞬きの回数が増える
  • 眩しそうに目を細める

チェリーアイは、慢性的な目の不快感を引き起こします。また、炎症を起こしている第三眼瞼腺が結膜や角膜に刺激を与えてしまい、それが原因で結膜炎や角膜炎を発症することがあります。

原因

犬や猫には、通常の上下まぶたの他に目頭の内側に『瞬膜』という3つ目のまぶたが存在します。この瞬膜から第三眼瞼腺が飛び出し、炎症が起きるのです。

チェリーアイ発症の原因は、先天性と後天性の2タイプに分けられています。前者の場合は、本来きちんと繋がっているべき第三眼瞼腺と眼窩骨膜(がんかこつまく)と呼ばれる目の周りにある骨の膜が先天的に弱まっています。一方の後者は、目に負った外傷や目の奥の腫瘍などがチェリーアイの引き金となります。

*なりやすい犬種

一般的に、生後半年~2ヶ月くらいの犬にチェリーアイは多く見られます。以下に挙げる犬種では、多くの場合が1歳以下で発症します。

ビーグル、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、バセット・ハウンド、ブラッド・ハウンド、ボストン・テリア、ペキニーズ、シーズー、ラサ・アプソ

治療法

チェリーアイの場合、飛び出してしまった第三眼瞼腺を元の位置に戻さなければなりません。外に出ている部分が小さければ、炎症を抑えるための点眼治療などが行われますが、飛び出している部分が大きかったり、再発を繰り返す場合は手術を受けることになるでしょう。

愛犬にチェリーアイが疑われたら、できるだけ早く病院へ連れていくことをお勧めします。