虫歯 |病名と症状から調べる犬の病気

虫歯 の犬

人間同様、犬も虫歯になります。愛犬の口が臭くありませんか?歯が茶色くなっていませんか?子犬の頃から歯磨きの習慣をつけていないと、成犬になってからだと嫌がる犬も多く、虫歯になると大変です。

虫歯 の主な症状

犬は虫歯にならないと以前は考えられていました。唾液のphが人間よりも高いため、虫歯菌が繁殖しにくいと考えられていたからです。ですが、犬の食生活も変わり、虫歯になっている犬も珍しくありません。虫歯が進むと歯が折れたりしますので、日頃から犬の歯の健康に気を配る必要があります。

  • 虫歯初期は症状なし
  • 口臭がしてくる
  • 口にしたものがしみるため、食事を摂りたがらなくなる
  • 歯髄が壊死して歯が折れる(末期)

この他、虫歯になると歯が茶色や灰褐色になるので、目で見て分ります。

虫歯の原因

虫歯になる原因は人間と一緒です。歯垢がつくことで酸やタンパク質が歯のエナメル質や象牙質を溶かし、歯の色が変色してもろくなります。犬の場合、虫歯になりやすい歯は犬歯の根元、上顎の奥歯(後臼歯)の隙間にできやすくなります。

虫歯の治療と予防

犬の虫歯治療は人間が歯医者で治療するのとは違い、大掛かりになります。治療は動物病院で、全身麻酔で行われます。虫歯になっている部分を削り、詰め物するのは人間と同じです。歯肉炎を起こしている場合には、その治療も行われ、必要に応じて抜歯がされます。歯髄炎の場合は、抗生物質の投薬治療が行われます。

予防としては、やはり子犬の頃からの歯磨き習慣と、定期的な歯科検診、炭水化物が多い食べ物を与えないようにすることです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る