脱毛症|病名と症状から調べる犬の病気

脱毛症

犬の抜け毛は、季節の変わり目に被毛が生え変わる換毛と、病気が原因の脱毛に分けられます。ここでは、病気が原因の抜け毛・脱毛症について紹介します。脱毛症の原因に合わせた適切な治療を受けるようにしましょう。

抜け毛の主な症状

病気による脱毛症の場合、病気の種類によって様々な脱毛症状が見られます。

  • 顔や尻尾の付け根など部分的に脱毛が見られる
  • 全身に脱毛が見られる
  • 頭などある部位にのみ局所的に脱毛が見られる

場合によっては脱毛症の他、痒みや皮膚の赤み、発疹などの症状を伴っていることも多いです。一方で、痒みを伴わない脱毛症の場合、ホルモンの異常が原因となっていることも考えられます。このタイプでは、左右対称の脱毛症に加えて、毛艶が悪くなる、皮膚が薄くなり黒ずむ、フケが増えるなどの症状も現れます。

抜け毛の原因

気による脱毛症の原因は、アトピー性皮膚炎をはじめ、ノミやダニ、真菌・細菌などに感染して起こる皮膚炎、内分泌性疾患でのホルモン異常など色々なものがあります。その他に、アロペシアX(脱毛症X)と呼ばれる犬の皮膚病も、脱毛症の原因と言われています。発症原因は不明ですが、ポメラニアンやチャウチャウ、キースホンドなどの犬種によく見られることがあります。さらに、淡色被毛脱毛症というものがあり、この脱毛症の発症には遺伝的要因が考えられます。その病名通り、ミニチュア・ピンシャーやダックスフント、ドーベルマンなど薄い色をした被毛の犬が多く発症します。

抜け毛の治療法

どのような病気もそうですが、脱毛症の場合も原因を突き止めてから、それに応じた治療が行われます。脱毛以外に現れている皮膚の痒みなどを緩和しながら、投薬治療をします。症状の程度にもよりますが、脱毛症が改善して、その他の症状も完全に治まるまでには長い期間を要するでしょう。根気よく治療を受けなければいけません。

また、症状によっては一時的に全身の被毛を刈ったり、薬浴を行うこともありますが、遺伝的要因の脱毛症の場合に関しては、効果的な治療法はないのが現状です。