膀胱炎「犬の病気」~愛犬の膀胱炎体験談

膀胱炎の犬

犬の泌尿器の病気でダントツなのがこの膀胱炎です。
メス犬に多く見られますので、トイレでの様子がおかしかったら、膀胱炎かもしれません。

膀胱炎の主な症状

犬の膀胱炎は気づきにくく、慢性化しやすいです。慢性化すると腎盂炎を起こしたり、中には尿路結石になることもあります。

膀胱炎の主な症状は以下の通りです。

  • トイレに頻繁に行くが出る尿量が少ない
  • 尿を出しにくい
  • 濁った尿が出る
  • ピンクがかった血尿が出る
  • 食欲低下

膀胱炎の原因

犬の膀胱炎の原因はいくつか挙げられます。
中でも多い原因は、細菌感染です。大腸菌やブドウ球菌が原因になります。

これ以外の原因としては、真菌感染、外傷、腫瘍、寄生虫、尿路結石、薬の影響などがあります。

膀胱炎の治療と予防

膀胱炎の原因を特定し、それに合った治療が施されます。
多くは細菌が原因のため、抗生剤を使って治療が行われますが、獣医の指示にしたがい、勝手に治療を中断しないようにしましょう。

膀胱炎は慢性化しやすいですし、再発するおそれもあるため、根気強い治療が必要です。

予防としては、細菌感染を防ぐためにバランスのとれた食事で体調を整え、長時間クレートなどに入れて留守番をさてオシッコを我慢させない、飼っている環境を清潔にしましょう。

また、日頃とトイレの様子がおかしい場合は、膀胱炎が重くなる前に治療を開始しましょう。

膀胱炎は犬の泌尿器でダントツの病気!愛犬の闘病記

膀胱炎 の愛犬

庭付きの一戸建てに引っ越したので、念願だったペットを飼い始めました。

中型犬で、防犯のために庭に犬小屋を設置しましたが、甘えることが大好きなのでいつのまにか室内犬になってしまいました。

家の中が汚れるかもしれないと最初は心配していましたが、散歩から帰ってきたら足を洗っていますし、家の中に愛犬がいるだけで楽しくて幸せな気持ちになれます。

自然と子供が一人増えたような感じになっていました。

愛犬の様子がおかしい……

膀胱炎 になった犬

やんちゃな性格なのに、甘えたがりなので、いつも家の中では家族の誰かとくっついている愛犬です。

しかし初夏の頃、いつも人にくっついてくるのに、部屋の隅っこで元気がなさそうに丸まっていることがありました。

今までこんな状態になったことがなかったので不安になり、獣医師に診察してもらうことにしました。

体重が減っておらず、見た目も痩せている感じはしませんが、やはり今までの元気な様子とは違います。

顔も心なしか元気がなさそうに見えるので、精密検査をしてもらうことにしました。

愛犬が細菌性の膀胱炎に

膀胱炎 の検査

精密検査の結果、膀胱炎になっていることがわかりました。

尿道部分から細菌が入ってしまい、膀胱炎を発症したことがわかりました。

慢性ではなく急性の膀胱炎ということでしたが、今まで大きな病気をしたことがなく、元気いっぱいの愛犬だったので戸惑ってしまいました。

膀胱に注射をして尿を取り出したところ、細菌が含まれていることから細菌感染による膀胱炎だとはっきりしました。

細菌の種類も特定されたので、投薬治療をすることになりました。

手術のような大事になるのかと心配しましたが、投薬治療で様子を見るということで少し安心しました。

膀胱炎の原因は散歩!?

膀胱炎 の原因

愛犬が大好きなおやつの中に薬を入れて食べさせると、3日ほどたったころにはすでに前と同じ元気を取り戻してくれたので安心しました。

細菌に感染したのは室内犬の場合はおそらく散歩のときだろうと教えてもらいました。

やはり外には汚いものが沢山ありますから、これから散歩コースも吟味しようと思いました。